引越し体験談

大阪・東京で人気の引越し会社・LIVE引越サービス様へ直撃インタビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東社長

会社の紹介

──軽く貴社のご紹介をいただけますでしょうか。

本社が大阪にありまして、創業48年の運送会社です。もともと家具の配送から始めて、それが近所の人の引越しというところで引越し業務に入っていきました。

で不況というわけじゃないけど、得意先の家具屋さんがどんどんなくなって、仕事が減っていったんです。そこでシフトして引越し業務の方に力を入れるようになって、それから東京とか横浜の方も支店を出して、今は関西と東京で、地場の引越しから長距離の引越しをやっているというのが現状です。

スポンサーリンク

──関西から始められて関東にも拠点を拡げられるようになったのが、ここ最近のことですか。

もう5年、営業自体は6年ぐらい前から関東の方も営業を始めていて、実際支店を持って動かしているのが4年ぐらい前ですかね。

──今東京と横浜に事務所を構えてらっしゃるんですよね。

はい。

サービスの特徴

──大体でいいんですが、サービスの特徴について教えてください。

もともと運送業というのは認可運賃というのが決まっていて、トラックの、時間制だったり距離制で運賃が決まってるんですね。

その決まってる運賃と、あと人件費を足して、例えば単身さんの引越しで2トンショートトラックで2名作業だったら、例えば一人当たり作業員が1万2千円、それが×2で2万4千円、で車代が2万円だったら4万4千円というような、そういう基準の運賃でやってたんです。

ところが小泉さんの時に規制緩和になって、そこから、業者が運送業界に参入しやすくなったんですね。

そこで区画競争が始まって、今までどこの業者さんも大体2件ぐらい、午前中と午後からという形でそういう認可運賃の中でやってたんですけど、それがどんどん競争が激しくなって、引っ越し代が安くなる。

その代りかかってる経費、人件費は変わらないから、当然安く売る分件数をこなさないといけない。

そこでそのサービスですか、特徴というよりも、どこの業者にも負けないような価格で、なおかつ頼んで良かったなというふうな作業をするように、心がけてるというところですね。

一般的に引越しに携わる電気工事であったり、不用品の引き取りであったり、そういう付帯サービスも全部受けられるように、それも安価で受けられるように色々業者さんを探して、できるだけお客さんに負担をかけないような値段を提供するようにしています。

基本的に移転に関する、引越しに関することは、ワンストップサービスみたいな、全部うちに電話もらったら大丈夫ですよ、というところですね。

低価格化の実現

──結構リブさんって、ユーザーさんからも結構、「安くて決めました」みたいなお声をすごくいただくんですけど、その低価格化というのはどう実現されてらっしゃるんですか。

薄利多売するために、もともと東京で出した時に、エリアが広いと移動の時間がかかったりで、当然それは料金に転化しないといけない。

それで、もう1個支店を作ることによって、もうちょっと小さなエリアで、効率よく業務をこなせるようにして、その分料金を下げるというところですね。ただ安い安いというだけじゃ残念なので、質の担保も忘れないようにしていますけどね。

>> 第二話:他社に負けない強みとは?への続きはこちら

★LIVE引越サービス様へ直撃インタビュー一覧
第一話:大阪・東京で人気の引越し業者
第二話:他社に負けない強みとは?
第三話:クレームが少ない理由
第四話:印象的だった仕事

★ズバット引越し比較|200社以上から一括見積もり可能、日本最大級の引越し見積もり
http://www.zba.jp/hikkoshi/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事