お金を借りる

同僚からお金を借りるのは要注意!友人関係が壊れます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

たとえば、財布を忘れたり、財布の中身が空っぽだったり、買い物をしたらお金が足りなかったというようなシーンで、会社の同僚が一緒に居たら、その同僚からお金を借りるということは良くあることです。

親しい間柄ならば快く貸してくれますが、できる限り早いうちに返済をすることが必要です。同僚であることに甘えて返済を忘れたり、遅れてしまうとトラブルの元になりますので注意しなければなりません。

スポンサーリンク

中には、同僚からお金を借りることに対して無頓着な人がいますが、そのような人は会社内での信用も無くしてしまいます。

いくら親しい間柄でも金銭のやり取りはけじめをもつことが必要なのてす。同僚からお金を借りることはできるだけ避けた方がよいのですが、もし借りてしまったら、たとえ100円でも早い段階で返済をするようにしなければなりません。

返済までに時間がかかるような場合には、きちんと事情を説明して返済の予定を伝えるようにすると心証も悪くなりませんし、信用も守ることができます。

しかし、金額や用途にによっては同僚からお金を借りることがはばかられることもあります。

たとえば、冠婚葬祭の費用などがこれにあたります。同僚も主席するような披露宴のお祝い金などを、同僚から借りるのはあまり好ましいことではありません。

また、披露宴の後には2次会・3次会などもありますので、まとまった額が必要となります。できるだけ知られないようにキャッシングローンなどを利用して工面をした方がよいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事