離婚

別居する時に持って出た方が良い6つの大切なもの

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

電話で相談する女性

今回は『別居』の話。夫や妻と『別居』する時の理由は何なのでしょうか?『もう、この人とは離婚するぞ!!』と意思が固まったら?いえ、まだ意思は固まっていなくても『チョット距離を置いてみよう』と言う人もいます。

どんな理由であれ『別居』することには変わりはありません。別居する時に持って行った方が良いものがあります。何だと思いますか?自分が家から出て行く場合、自分の物をすべて持ち出すことは不可能です。

スポンサーリンク

私もまず『別居』から始まりました。私の場合は『この人とは離婚しよう』と言う意思で別居が始まりました。しかし…別居に対しての準備を何もしていなかったんですね…。日々の生活で溜まり溜まって来たものがある日突然、爆発しました…。突然の別居生活です。

取りあえず、私は貴重品(身分証明書・お金など)と当面の衣類だけかばんに詰め込んで子どもを連れて家を出ました。数日はビジネスホテル住まいでした。幸い実家が私達を受け入れてくれたので、その後の住む場所には困らなかったのですが…。

家に置いてきた荷物は、夫が確実に家にいない日にドサッと持ち出しました。30分ほどの時間でしたがほんと、ヒヤヒヤでしたよ。後から持ち出すのって後味悪い感じがしたので、できればしたくないですよね。夫が鍵を変えていなくて良かったです・・・。

そんな、私のような『突然別居』ではなく計画的に別居する方。私が持ち出して良かったと思うものはこの6つです。

その1.子どもがいるなら子ども

『もの』ではありませんが、子どもを一緒に連れ出すのが一番重要です!! 『子どもは相手の方がしっかり育ててくれる』と思うのなら置いて行って構いませんが、そうでなければ一緒に家を出ましょう。

『生活の基盤がしっかりしてから後日迎えに行く』なんてできませんよ。後日迎えに言っても、子どもは相手との生活が始まっていて、自分の元に連れてくることは容易にできません。

その2.身分証明書

自分の身分を証明する物がなければ、家を借りることもできません。免許証や保険証を持ち出しましょう。

その3.お金(通帳)

お金は、次に重要なものです。お金がなければご飯を食べられないし、洋服も買えないし住む所にも困ります。当面の『衣食住』に困らないだけのお金は持ち出しましょう。

その4.少しの衣服

2・3日分の衣服を持ち出しましょう。余裕があるのならもっと持ち出してもかまわないかな?と思いますが、衣服は買う事ができますのでどうにかなります。

その5.子どもの最低限のおもちゃや勉強道具

子どもの宝物を持ち出しましょう。私の場合、家を出て数年後に子どもから『本当はあの写真立てを持って来てほしかった』と言われた事があります。

子どもが赤ちゃんの頃からの写真を何枚も貼った私が作った写真立てだったのですが。親の思う大切なものと、子の思う大切なものは違うんだなと実感しましたね。子どもの学校が変わらないのであれば勉強道具を一式。学校が変わるのなら、ランドセルと筆記用具だけで十分だと思います。

その6.少しの思い出

上記以外にどうしても持って出たい物を持ち出しましょう。私の場合は子どものアルバムやビデオでした。子どもに赤ちゃんの頃の思い出がなくなるのは嫌だったからです。結構かさばるので運ぶのが大変でしたけど、運び出して良かったと思っています。

これ以外にも、運び出すことができるのなら運ぶ出した方が良いかもしれませんが、家電製品や家具などのように、なかったら生活に困るようなものは持ち出さないほうが良いと思います。これは、相手のためにも。そして、余計な争いにならないためにもね。

私のように、突然別居することになる人もいると思います。私の場合、1度荷物を取りに行くことができましたが、そんな事できない人もいると思います。そんな人は、『子ども・身分証明書・お金・数日分の衣服』と一緒に外に出るようにしましょうね。

『別居』なんてしないほうが良いに決まっています。でも、私のように突然別居する場合もありますので、離婚が頭によぎった時に心の備えは必要だと思いますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事