出産・育児

添い寝はいつまでOK?添い寝に対する考え方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

添い寝に関して、不安を持っている方は多いようです。

添い寝とは、子どもと親が一緒に寝ること。

添い寝はしない方がいいのか?

添い寝をした方がいいならその理由は何なのか?

いまいちよくわかりませんよね。

そこで、今回は添い寝の是非についてお話ししたいと思います。

スポンサーリンク

赤ちゃんのうちは添い寝がおすすめ

まず、赤ちゃんのうちは、添い寝がおすすめです。

添い寝をすることによってスキンシップになり、赤ちゃんが安心して眠れるようになります。
新生児のうちは一日の大半を寝て過ごしますが、眠り自体は浅く、また、一度目覚めるとなかなか眠れない赤ちゃんもいます。

それから、添い寝をする方が赤ちゃんの様子に気づきやすく、授乳がしやすいという利点もあります。
赤ちゃんをベビーベッドで寝かせていると、赤ちゃんまでの距離が遠くなってしまい、泣きだしてから気づくまでに時間がかかってしまうこともあります。
それに、ベビーベッドで寝ている赤ちゃんを抱き起すにはいったん親が起き上がらなくてはならず、そうこうしているうちに親も目が冴えてしまい眠れなくなる、ということもあります。

添い寝ならそのまま赤ちゃんを抱いて起き上がり、授乳が終わればまたそのまま寝られるので赤ちゃんにとっても親にとっても楽なんですね。

添い寝をする際の注意点

赤ちゃんと添い寝すると言っても、ただ親の布団に赤ちゃんを入れるというのではなく、おすすめの方法があります。

赤ちゃんはまだ骨が柔らかいので、柔らかいお布団に寝かせるのは良くありません。窒息の危険もありますし、また、骨格にも影響してしまいます。
大人の布団自体が固いのであれば問題ありませんが、なるべく赤ちゃん用のマットレスを使用した方が良いでしょう。

実際に触ってみると分かりますが、赤ちゃん用のマットレスは固いです。
ベビーベッドは購入しなくても、赤ちゃん用のマットレスは購入することをおすすめします。

赤ちゃんようのマットレスと大人用の布団をつなげて寝る方が、ママも赤ちゃんも安心して眠れるでしょう。

ちなみに、「一緒に寝たら寝返りで赤ちゃんをつぶしてしまわないか心配」という人もいると思いますが、その心配はほとんどないそうです。
新生児のうちは母親も眠りの質が平常時とは変わっていて、寝返りで赤ちゃんをつぶしてしまうようなことはありませんし、赤ちゃんの泣き声に気づかずに爆睡してしまう、というようなこともほとんどないそうです。

ただし父親の方はそこまで眠りの質が変わることが無いので、できれば新生児のうちは父親と赤ちゃんは並んで寝ない方が良いでしょう。

海外の添い寝事情

海外では、子どもは一人で寝ていることが多いと思います。
子どもの自立を促すために、なるべく早くから子どもを一人で寝かせるようにするのが良いとされているのです。

授乳が必要な間は添い寝している人も多いようですが、その後は一人で、しかも「子ども部屋」で寝かせることが多いそうな。

それは、日本と海外の文化の違いがあります。

まず日本の家というのは狭いです。
子どもが生まれたばかりの若い夫婦が広い家に住めるほどの経済状態にあるとは限りません。
狭いマンションで育児をする場合はどうしてもはじめから子ども部屋を与えるというのは難しいですよね。
また、ベビーベッドも邪魔になりますから、昼間用の小さなベビーベッドもしくはハイアンドローチェアだけ用意して寝るときは添い寝で、という過程も多いでしょう。

さらに、日本は住宅が密集しているので、いつまでも赤ちゃんを泣かせておくわけにはいきません。
近所迷惑になりますから、「子ども部屋」で赤ちゃんを寝かせて泣いているのに気づいてから子ども部屋まで行く、というのでは困ります。

他にも違いがあります。
欧米では、普段からスキンシップがさかんです。
わざわざ添い寝をしていなくてもそれ以外の時間にたっぷりとスキンシップをとっているわけです。
日本ではキスをしたりハグをしたりといったスキンシップはあまりしないので、その代わりに添い寝によってスキンシップを増やす必要はあるでしょう。

添い寝はいつまで続けてもいいのか?

赤ちゃんのうちは添い寝で寝るのがおすすめですが、幼児以降、いつまで添い寝を続けるべきなのでしょうか?

添い寝についてはいろんな意見がありますが、基本的には「子どもが自ら一人で寝るようになるまで」ということがよく言われています。
だいたい10歳ぐらいまでは添い寝していても大丈夫、むしろした方がいい!という意見もあるぐらいなんですよ。

添い寝に限らず、抱っこしてあげたり手をつないだりといったスキンシップは、10歳ぐらいまでは気にせず続けても良いそうです。
もちろん無理に続ける必要はなく、子どもが自然と自立していけば問題ありません。

子どもが添い寝を卒業するときというのは、突然訪れるものではありません。
たまに「今日は一人で寝る!」という日があって、それが徐々に増えていく、という感じです。

それまでは「うちの子もう小学生なのにいつまでも添い寝で大丈夫かしら?」なんて心配はせずに、とことん添い寝させてあげると良いと思いますよ。

無理に添い寝しなくてもいい

添い寝は長く続けても問題なくむしろ続けた方が良いものではありますが、無理に添い寝しなければ、と思う必要もありません。

子どもにも個人差がありますし、早々に一人で寝るような子もいます。
筆者の子どももそうです。
生後6か月から1歳半までひどい夜泣きに悩まされましたが、その後はほとんど寝ぐずりもなく、勝手に寝てくれるようになってしまいました。
おそらく、生活リズムを崩さずにいわゆる「入眠儀式」を続けていたことも大きかったのだと思います。
また、わたしは日頃からスキンシップが多く、起きているあいだも抱っこしたり手をつないだりすることも多かったので、添い寝でスキンシップをとる必要もなかったのかもしれません。

添い寝をしなければ変な子になる、ということも無いと思いますし、実際、欧米人がちゃんと成長していないかと言えばまったくそうではありませんよね。

「添い寝しなければ!」とこだわらなくても、用事があって無理なときは一言声をかけてあげるとか、日中のスキンシップを増やすとか、できることを工夫していけば良いのではないでしょうか。

ちなみに、わたしの子どもは小学2年生ですが、周りのお友達の話を聞いているとまだまだ添い寝している子の方が多いように思います。
添い寝を続ける場合は、「親も一緒に寝てしまう……」と困ってしまう人も多いですよね。

でもその場合は、それはそれで良いのではないでしょうか。
一緒に寝てしまったとしても、大人の場合は数時間後に起きることもできますよね。

たとえば21時に子どもと一緒に寝てしまって、90分間だけ寝てから22時半に起き、帰ってきた夫の夕食を作り、残った家事を片づけて、それから夫と一緒に寝る、というようにしても良いと思います。

添い寝と言っても寝ている時間ずっとくっついている必要はないのですから、実際のライフスタイルに合わせてやりやすいように続けていけば良いと思いますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事