シングルマザー

恋愛は自由?シングルマザーが恋愛で気を付けるべきこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シングルマザーというのは配偶者がいないわけですから、恋愛することもできます。

それ自体は法に触れるものでもありませんし、何の問題もありません。

でも、世間一般的にはシングルマザーが恋愛を楽しむことについてはあまり良い印象は持たれていません。

それはなぜなのでしょうか?
そして、シングルマザーが恋愛するときにはどのようなことに気を付けなければいけないのでしょうか?

スポンサーリンク

シングルマザーの恋愛が批判されるワケ

シングルマザーなら配偶者はいないわけですから、基本的には恋愛するのは自由なはずです。

それでも世間一般の考えとしてはシングルマザーの恋愛に対しては否定的です。

その理由は子どもがいるからです。

子どもがいる場合は、独身同士のような恋愛は楽しめません。
また、独身同士のような恋愛を楽しもうと思えば、子どもを放置することになってしまいます。

独身同士のような恋愛とはつまり、仕事終わりにデートしたり、二人きりで旅行に行ったり、といったことになりますが、こういう大人のデートに子どもを連れて行くことはできないのですね。

でも、中には子どもを親に預け恋愛を手楽しんでいるシングルマザーもいます。
たまになら良いのかもしれませんが、あまりに頻度が高い場合は批判の対象になります。
これは、批判されても仕方ないだろうな、と筆者も思います。

次に、子どもを連れてデートするとか、子どもが寝てから自宅に彼氏を招く、といったことも問題視されることがあります。
シングルマザー自身はその男性が好きかもしれませんが、子どもにとっては何の関係も無い人です。
「子どももよくなついてるから」と思っていても、子どもは母親に気を遣っているだけ、という可能性もありますよね。
だから、子どもと彼氏を会わせることについては慎重になった方が良いのかもしれません。

さらに、シングルマザーの恋愛に対して厳しい視線が投げつけられる大きな原因となっているのが、子どもの虐待問題です。
母親が彼氏に会うために、子どもを家に放置してしまった結果、火事になってしまったとか衰弱死してしまった、といったようなニュースがあれば、「これだからシングルマザーは……」と言われることになってしまいます。
もしくは、彼氏と同棲、半同棲状態になっている場合、彼氏が子どもに暴力を振るうとか、子ども嫌いな彼氏のために母親が子どもを虐待する、といった問題も起こっています。
こういったニュースを見ると、シングルマザーの恋愛に対しての批判は厳しくなってしまいます。

もちろん、こういった問題を起こす人に対して批判するのは当然のことだと思います。
たとえ何かしらの事情があったにせよ、母親はまず子どもを守らなければならないとわたしも思います。
ただ、だからと言って世の中のシングルマザーがひとくくりにされて批判されるのはガマンなりませんよね。

一人ひとりと付き合ってみたらけっこう良い人もたくさんいるのに、ひとまとめに「これだから韓国人は……」と言うのと同じです。
シングルマザーにもいろんな事情の人がいて、シングルマザーで恋愛している人の大半はそのような問題を起こすことはありません。
母子家庭は約123万世帯いると言われていますが、その中の何割の人が子どもに悪影響を与えるような恋愛をしているのでしょうか?

そう考えると、シングルマザーの恋愛に対しての批判はどれも正当性を感じることができないのはわたしだけでしょうか。

子どものことを考えてくれる彼氏を見つけよう

とは言え、シングルマザーが恋愛を楽しむには、まずは子どもへの配慮が大切です。

独身のときのように自由に楽しむことができないことはよく理解しておかなければなりませんし、それを理解できないような男性とは付き合いを避けるべきだと言えるでしょう。

恋愛の初期というのはお互いに気持ちが盛り上がっているものだと思いますし、どんな男性でも「子どもがいても大丈夫!」とか言うものです。
でも、実際に付き合ってみるとシングルマザーと付き合うことには制約が多く、不満を持つ男性も少なくありません。
やはり、せっかく好きな人と付き合えたのだから時間を気にせずデートしたり、二人きりの時間を楽しみたいものだと思います。

多くの男性は、不満を持ちながらも自分なりに考え、自分で解決します。
相手を理解しようと努めて上手く付き合っていけることもあれば、無理だと思って別れを告げる場合もあるでしょう。

ただ、一部の男性の中には子どもに対して理解しようとせず、安易に「子どもを置いて遊びに行こうよ」と言ったり子どもを傷つけるような人もいます。
そういう男性と付き合うのは絶対に有り得ないと思われるかもしれませんが、恋愛感情が盛り上がっていると冷静な判断を欠いてしまう人がいるのも事実です。
大切な子どもを傷つけないように、彼氏が本当に子どもがいることについて理解してくれているのかを考えるようにしてくださいね。

また、子どもとの接し方にも注意が必要です。
子どもがいないと、子育てのこともよく分からないという人は多いものです。
母親自身はずっと子どもを見てきていますし、ある程度子育てに関しても分かっているものです。
でも何も知らない人は、かなり間違った子育て論を持っていることもあるので気を付けましょう。

たとえば、男性の中には自分がそのように育てられたからと言って、いきなり子どもを殴ったり、怒鳴りつけたりするような人もいます。
これは悪意がなく良かれと思ってしていることですが、母親からしたらたまったものではありませんし、子どももかわいそうです。
彼氏がこのような行動をとることが無いように、十分に気を付けて見守るようにしてくださいね。
また、彼氏の考えが間違っている場合には正しい子育て、しつけについて話したり、パパ向けの育児書などを渡してみても良いかもしれません。

本当の父親でもなかなか父親らしく振舞うことができないのに、「子持ちの彼女」を持った男性がいきなり父性に目覚めることはありません。
本人が悪気なくやっていることに関しては頭ごなしに批判するのではなく、やんわりと注意するのが良いのではないでしょうか。

子どもにはいつ会わせるのが良い?

シングルマザーの恋愛で多くの人が悩むのが、「子どもにはいつ会わせるか?」という問題です。

人によって、付き合ってすぐに会わせたという人もいれば、長く付き合ってから会わせた、もしくは再婚が決まってから会わせたという人もいます。
どれが正しいのかは一概には言えませんが、それぞれどのような点に注意すべきかは確認しておきましょう。

付き合ってすぐに会わせる場合

付き合いだしてすぐに子どもと会わせる場合のメリットは、2つあります。

ひとつは、子どもを交えての付き合いをすれば、子連れになるとは言え休日などに会える時間が増えるということです。また、家に遊びに来てもらったりもしやすくなるのもメリットだと言えるのではないでしょうか。

もう一つは、子どもがなるべ小さいうちに会わせることによってなつきやすくなる、ということです。
小さい子どもの場合は慣れるのも早いので、早めに会わせることによって違和感なく一緒にいられるようになりやすいようです。

一方、早めに会わせることのデメリットもあります。

一つは、子どもに対して悪影響をもたらす場合がある、ということです。
付き合いが浅いうちは、母親自身、彼氏がどのような人か分かっていないことも多いです。それこそいきなり暴力を振るうような相手だった場合、子どもにも危害を加えられる恐れもありますよね。

そしてもう一つ、その彼氏と別れてしまった場合の問題です。
今付き合っている彼氏と別れて、また別の彼氏と付き合って、というのは独身なら問題ありませんが、子どもからすればパニックになってしまうこともあります。
仲良くしていた男性がいなくなって、しばらくしたらまた違う男性が親しげに話してくる、という状況になると子どももなじめなくなってしまうことがありますから、そういう意味では安易にはじめから会わせることは避けた方が良いのでは、と思います。

長く付き合ってから会わせる場合

長く付き合ってから会わせる場合のメリットも2つあります。

一つは、相手がどんな人なのかある程度分かっているし、付き合っているあいだに子どもの話もよくしているはずなので彼氏が子どもに危害を加えるようなことは起こりにくい、ということです。

もう一つは、子どもが心の準備ができるということです。
子どもも小学生ぐらいになればある程度の人間関係を理解することができますし、話も理解してくれます。
話がしっかり理解できるようになってから、事前に説明し、それから会わせる、というように段階を踏むことによって子どもも心の準備をでき、スムーズに彼氏を会えるようになります。

ただ、長く付き合ってから会わせる場合は、子どもを交えてデートする、ということはできませんし、当然子どもを放置するわけにもいかないのですから会える時間がかなり限られてしまいます。
それだけ限られた時間だけで付き合いを続けていくことはけっこう難しいことなのかもしれません。

子どもに会わせるのはいつがいい?

では、子どもに会わせるのはどのタイミングが良いのでしょうか?
これは付き合いの長さではなく、子どもと上手くやっていけそうかどうかを判断できてからが良いと思います。
独身であれば少々問題のある男性でも自分自身の問題ですからあきらめがつきますが、子どもに悪影響を及ぼす可能性がある以上は、それを防がなくてはなりません。

また、はじめは共通の友達も含めて複数で会う、というのもおすすめです。
共通の友達とみんなで遊ぶという前提なら彼氏に会わせるにしても、子どもからしたら「お母さんの友達の一人」として認識しますから抵抗も少ないと思います。

グループで何度か会えば徐々に子どもも慣れてきますし、彼氏の方も周りに友達がいる分緊張も少ないと思います。

また、子どもの年齢や性格によっても会わせるタイミングを変えた方が良いでしょう。
子どもが小さいうちは基本的にはそこまで考えなくても大丈夫なことが多いですが、小学生~中学生ぐらいは多感な時期なので十分に気を付けた方が良いです。特に女の子の方が敏感ですし、父親以外の男性に親しくされることに抵抗を感じることがあります。その場合は会わせるのはもう少し子どもが成長してからの方が良いかもしれませんね。

高校生ぐらいになると徐々に親を一人の人間として理解できるようになってきますから、それまでは子どもに会わせるのを控えた方が良いかもしれません。もちろんこれは一般的な話ですし、子どもの性格によって対応は変わってきますから、子どものことをよく考えた上でいつ会わせるのかを見極めてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事