出産・育児

早い方が良い!?子どもにさせるべき習い事とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子どもには、できる限りのことをしてあげたい。

そう思うのが親心ですよね。

とは言え、なんでもかんでも習わせるわけにもいきません。

時間にも予算にも限りがありますから、厳選して習い事を決めないといけませんよね。

また、そもそも早いうちからさまざまな習い事をさせること自体が良いことなのか?と疑問に思っている方も多いと思います。

そこで今回は子どもに習い事をさせることについてお話ししていきましょう。

スポンサーリンク

子どもにやらせる習い事は何がいい?

まず、みなさんは子どもにどんな習い事をさせたいと思われますか?

こちらは、「ハッピー・ノートドットコム」がおこなったアンケートによる習い事の人気ランキングです。

1位……スイミング
2位……ピアノ
3位……英語・英会話
4位……体育・体操
5位……リトミック・音楽教室
6位……サッカー
7位……くもん
8位……幼児教室
9位……学習塾
10位……習字

また、男女別のランキングではこのようになっています。

【男の子】
1位……スイミング
2位……サッカー
3位……英語・英会話
4位……体育・体操
5位……くもん

【女の子】
1位……スイミング
2位……ピアノ
3位……英語・英会話
4位……リトミック・音楽教室
5位……体育・体操

いかがでしょうか。
ちなみに1位のスイミングは圧倒的な人気で、習い事をしている子どものうち半数近くはスイミングを習っています。
スイミングは体力作りにも役立ちますし、ママと一緒にできる「ベビースイミング」も人気があるようです。また単純に「泳げないと困る」という事情からスイミングを習わせている人も多いのではないでしょうか。
またスイミングは水着や水泳帽などは必要ですが他に特別な道具もかかりませんし、低価格でできる習い事としても人気があるのだと思います。

全体の2位にランクインしているピアノは、特に女の子に人気の習い事です。
ピアノは脳科学でおなじみの澤口俊之先生も勧めていましたが、頭を使う、手先を使う、という点で他の習い事よりも優れている面が多いようです。
ピアノは芸術的な感性を養うだけでなく、暗譜するために頭も使いますし、粘り強く練習を続ける忍耐力も養うことができます。
男の子でもピアノを習っている人は多いですね。

3位の英語・英会話に関しては、昔に比べると習っている子どもも多くなってきています。
グローバル化の流れもありますし、小学校で英語が必修化された影響もあり、小さいうちから英語を習わせる親が増えているわけですね。
英語の場合は早くから英語に触れさせた方が身につきやすいと言われているので、早くから習わせることが大切です。
日本語とほぼ同時進行で習得していくことによってネイティブと変わらないような流暢な英語が話せるようになるとも言われています。

4位の体育・体操は、スイミングと同じく体力作りをさせたいという思いから習わせている親が多いようです。
いずれは何かしらのスポーツをやるにしても、体操を習っておくことで基礎的な体力がつく、というわけですね。
また、元気が有り余っている子どもの場合は体操を習わせることで夜ぐっすり眠ってくれるようになる、という親にとってもうれしいメリットがありますよ。逆に、おとなしめで体を動かす子どもに対しては「最低限の運動神経は必要」だと考えて習わせる場合も多いと思います。

5位のリトミック・音楽教室の場合は、ただ音楽に触れるというだけでなく体を動かしたりして情緒を育む、リズム感を養う、といった効果もあります。
気軽に参加しやすいので小さい子どももなじみやすく、また親も一緒に楽しめるというのもポイントになっているのではないでしょうか。

どれぐらいの習い事をさせるのが良い?

では、子どもに習い事をさせるにしても、どの程度習わせても大丈夫なのでしょうか?
前述のアンケート調査によると、子どもがしている習い事の数はこのようになっています。

・一つ……31.3%
・二つ……15.8%
・三つ……5.8%
・四つ……2.6%
・習い事をしていない……44.5%

ちなみに、このアンケートの対象となっている子どもは0歳~7歳です。
4つ以上の習い事をしている子どももいますが、1~2つの習い事をしている子どもが多いようですね。

でも、子どものことを考えると、あれもこれも習わせたくなるものではないでしょうか?

わたし自身も、生まれたときは「バカでも元気に育ってくれればそれでいい!」なんて思ってましたが、子どもが成長するにつれだんだん欲がでてきました。……そんなモンですよね(笑)

中には週に7つ以上(つまり1日1個以上)の習い事をしている子どももいますが、これに対しては筆者は反対です。

子どもにいくら習い事をさせても、それが必ずしも子どものためになるとは限りません。

教育には、意図的なものと無意図的なものがあります。

意図的な教育の代表的なものと言えば学校の授業です。
あらかじめ決められたカリキュラム、指導案のもとに授業が進められ、学習目標を達成させることが大切です。

一方、無意図的な教育というのは、普段の遊びなんかがそうです。
子どもは、遊びの中からもいろんなことを学びます。
いろんな虫がいること、どのぐらいの力でつかめば虫が死んでしまうのかということ。
さらには友達と遊ぶ中で人間関係を学んでいきます。どんな会話をすれば楽しくなるのか、どんなことをしたら人に嫌われるのか。
こういった無意図的な教育というのは子どもの成長には欠かせないもので、無意図的な教育の中で学ぶことが意図的な教育にも活かされます。

そして、習い事というのは意図的な教育です。
習い事も、学校の授業と同じように予定調和的に進むものです。
もちろん意図的な教育だって子どもの成長には必要なものではありますが、無意図的な教育をないがしろにしていると子どもの成長には良くありません。

もし、習い事ばかりしていて自由に遊ぶ時間がなくなってしまうと、子どもは無意図的な学習をする機会を失い、意図的な教育の中でもつまずきを感じてしまうことがあります。
さらには習い事ばかりの詰め込み教育が度を過ぎると子どもにもストレスが溜まりますし、習い事のために睡眠時間が削られるようなことがあれば身体的な成長にも支障をきたすことになります。

ですから、習い事は子どもの遊び時間を侵害しない程度にとどめておくのが良いのではないでしょうか。

早くから始めた方がいい習い事とは?

習い事の中には、何歳から始めても良いようなものもあれば、なるべく早くに始めた方が良い習い事もあります。

英会話

その代表的なものと言えば英会話でしょう。
ただ、本当に英会話は早くから始めるべきなのでしょうか?

英語というのは日本語と同じように言語です。
いくら早くに始めたとしても、途中でやめてしまえば忘れてしまいます。

子どもが大人になるまでずっと英語に触れる環境を作っていけるのであれば良いのですが、普通に日本で暮らしていて普段は日本語を使っているのであれば英語がペラペラになることはありません。

たしかに、早くから英語教育を始めていればリスニング能力は身につきます。
ただそれに関しても、大人になってから始めても努力次第で身につくものですから「今すぐ始めないと手遅れになりますよ!!」なんていうことはないのではないでしょうか。

一般的に、「バイリンガル」と言われるような人で、「英語も日本語も堪能です!」という人は多くはなく、たいていはどちらかに偏っているものです。
日本で生まれ育った人なら日本語は堪能で、英語は日常会話レベルしかできない、ということもありますし、アメリカで育ったなら英語は堪能になっても日本語は日常会話レベルで漢字もほとんど読めない、ということもあります。

もちろん英会話を習わせるのは良いことですが、費用対効果は高くないということを理解しておいた方が良いでしょう。
実際、「子どもが自分で英語を習いたいと言うまでは、洋楽を聞かせたり海外の映画を見せる程度で十分」と言う人も多いですよ。

ピアノ

ピアノも、早くから始めた方が良いと言われています。
もしプロになるのであれば、2歳ぐらいにはピアノを始めた方が良いそうです。
もちろんプロになるつもりはなくても、もしかすると子どもの才能が開花するかもしれないのですから、親としてはなるべく早くに習わせておきたい、と思うものです。

ただ、子どもがイヤイヤ習っているようではあまり意味がありません。
プロのピアニストの場合はもともと音楽一家に育っているような人も多く、自然と遊びの中で早くからピアノに親しんでいる人も多いものです。
はじめから無理に習わせるのではなく、子どもが楽しんで取り組めるように工夫することが大切だと言えますね。

はじめはピアノではなくリトミックなどで音楽に触れる習い事からやらせてみるのも良いのではないでしょうか。
ヤマハのグループレッスンなんかも良いと思います。

また、別にプロになるわけでもなく、ただ「音楽ができるようにさせたい」「楽譜が読めるようになってほしい」「特技を作ってあげたい」という目的であれば何歳から始めても良いと思います。
ピアノの場合、家での練習も必須です。
小さいうちは大した量ではありませんが、上達してくると一日に何時間も練習しなければならなくなりますし、それが負担になることもあり得ます。
無理に習わせるのではなく、子どもの気持ちを優先した方が長続きしやすいと思いますよ。

スイミング、体操

体力をつけるのは大きくなってからでも大人になってからでもできるものですが、やはり小さい子どもの方が吸収が早く、運動神経も身につきやすいです。
小さい子どもは体も軽いですし、柔らかいです。

ただ、体操に関しては保育園や幼稚園でも取り入れているところが多いですし、そこで十分に体を動かせるのであれば、あえて習わせる必要もないかもしれません。
本人が希望する場合のみ習わせるというので良いと思いますよ。

一方スイミングは、幼稚園や保育園では難しいものです。
プールの時間があってもしっかり泳げるほどの大きなプールを備えているところは少ないですしね。

スイミングは家で練習することもできませんし、学校のプール授業に関しても十分に泳げるようになることは難しいです。
もし、「とりあえず泳げるようにはなって欲しい」と思うなら、数か月だけ習わせる、というのでも良いかもしれません。基礎的なことを学んで50m程度泳げるようになれたらとりあえず生きていくのに不自由もないのではないでしょうか。

ただ、こちらも水泳選手になりたいといった目的がある場合はやはりなるべく早い方が良いそうです。

子どもの習い事は子どもの気持ちを優先させよう

子どもに習い事をさせるなら、親が無理にやらせるのは良くありません。
子どもが楽しんで参加することが大切で、無理にやらせると習い事がストレスになってしまうこともあるからです。

とは言え、ときには行きたがらないこともあります。
その場合は「一度始めた以上はちょっとぐらいのことで辞めてはいけない」ということは教えなければなりませんね。

しかし、基本的には子どもの気持ちを優先し、親がいくら習わせたいと思っても子どもに無断で決めてくるのではなく、子どもと一緒に体験に行き、子どもを上手く誘導させる形で子どもを「その気」にさせることが大切だと思います。

子どもの習い事は多すぎないように調整し、子どもの成長に悪影響を及ぼさないように注意しながら、子どものためになる習い事を探るようにしてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事