シングルマザー

子どもの成長を待つべき?離婚するタイミング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現在離婚を考えている方は、離婚したいという気持ちが強くなっている一方で、

「離婚して本当にやっていけるのか?」
「子どもに悪影響を及ぼさないだろうか?」

と不安も大きいと思います。

離婚することはすでに決意していても、

・今すぐ離婚するべきか?
・子どもがもう少し大きくなってから離婚すべきか?

と迷っている方も多いのではないでしょうか。

そこで、今回は「いつ離婚するの?」
離婚のタイミングについて考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

「今でしょ!」とは言えない……

いつ離婚するのか、という問題については、なかなか答えが出ないと思います。

DVなど緊急性の高い問題がある場合は迷わず即刻離婚すべきですが、そうでない場合はタイミングをどうすれば良いのか分からないと思います。

気持ち的には今すぐ離婚したくても、いろんな問題があって離婚できずにいる人も多いかもしれません。

経済的な問題

まず離婚できない事情として、お金の問題がありますよね。
特に専業主婦の方で個人の貯蓄も無いという場合は困ります。

もしすぐに仕事が見つからなければ子どもを連れて路頭に迷ってしまうかもしれません。
仕事が見つかったとしても、子持ちでしかもブランクがあればお給料の高い仕事に就くことは難しい。

そんな不安があると、離婚に踏み切るのは難しいですよね。

自分一人ならそれなりに仕事もあるでしょうしお金もかかりませんが、子どもがいると働ける時間も限られていますし、子どもがいるとお金もかかるのでなかなか思い通りに働くことはできないでしょう。

子どもの心理面

離婚するということは、子どもが父親と生き別れになってしまうということです。
できれば両親揃っていた方がいいに決まっていますし、父親がいないことで子どもに寂しい思いをさせてしまうのは親として申し訳ない気持ちになりますよね。

そのために、子どもが小さいうちは離婚せずに、子どもがある程度大きくなってから、もしくは子どもが成人して就職してから離婚しようと考える人も少なくありません。

子どもの親権

離婚する際には当然親権は欲しいですよね。
でも、子どもの親権で揉めることは多いです。

夫の収入が高く、また、夫の両親も健在で子どもを育てることが十分可能な場合、もしかしたら親権を取れないかもしれない、と思ってしまうこともあります。
子どもが小さい場合は圧倒的に母親が有利なのですが、仕事をしていないとか自分の実家には頼れない、という場合は親権を取られるんじゃないかと心配になってしまいます。

離婚を切り出して、万が一親権を取られてしまっては困るので、子どもが自分の意志で選べるようになるまでは離婚を待とう、と考える人もいます。

離婚は早い方がいい

このように、離婚する気持ちはあるものの、今すぐ離婚するのではなく、「仕事を見つけて安定した収入を得られるようになってから」とか「十分な貯蓄をしてから」とか「子どもが大きくなってから」など、離婚を先延ばしにする人はけっこう多いものです。

でも、もしすぐに離婚するか先延ばしにするかで悩んでいるなら、

離婚するのは早い方がいいです。

その理由を紹介していきましょう。

若い方が仕事は見つかりやすい

まずお金の問題ですが、若い方が仕事は見つかりやすいです。
結婚しているあいだに仕事を見つけて働くにしても、離婚の話し合いの結果、引越ししなければならなくなるかもしれません。
引越してまた新しく仕事を探さなければならなくなると、年齢的に仕事が見つかりにくくなることも考えられます。

「今から働いて1年間で100万円貯めて離婚する!」というような短期戦なら良いと思いますが、「いずれは安定した収入を得て、それから離婚しよう」といったぼんやりした考えなら、いつ離婚できるか分かりませんし、それならさっさと離婚してしまった方が切羽詰まってしっかり働けるのではないでしょうか。

思春期の離婚は難しい

子どもが小さいうちは両親揃っていた方がいいだろうと離婚を先延ばしにしていても、子どもが中高生になったときに離婚するのは少々リスクが高いということを知っておきましょう。
子どもの性格にもよりますが、多感な時期に両親が離婚、しかも離婚の際にもめたりすると子どもは深く傷つくこともあります。
小さいうちならまだ事情をよく分かっていない部分も多いですし、記憶もあいまいなのでかえって良いぐらいです。
思春期の時期だと子どもなりにいろいろ考えて辛くなってしまうこともありますし、もし子どもが思春期のときに離婚するのであれば十分に心のケアをしてあげなくてはならないでしょう。

子どもが大きくなってからの離婚は微妙

子どもが大きくなってから離婚するにしても、離婚する気があるのに何年も先延ばしにするのはおすすめできません。
親としては「子どものために」と考えて離婚を先延ばしにするわけですが、そのことを後から子どもが知れば、大変傷つきます。
「それなら早く離婚してほしかった」と考える子どもの方が多いでしょう。

離婚の理由にもよりますが、場合によっては子ども自身も親に離婚してほしいと考えていることもあります。その気持ちに気づかないまま何年もガマンするのはあまり良くないのではないでしょうか。

もし、子どものためを思って離婚を先延ばしにするのであれば、そのずっと前から離婚したいと思っていたということは絶対に子どもにバレないようにしなければなりません。

親権は母親が有利です

どれだけ夫に稼ぎがあっても、子どもの親権に関しては母親の方が有利です。
もちろん、客観的にみて母親が育児をするのに向かないような事情(母親が子どもを虐待していたとか)があれば別ですが、基本的には、子どもが小さいほど親権は母親にいきやすいです。

ですから、それなら早めに離婚してしまった方が良いのではないでしょうか。

いろいろやり直せます

早めに離婚した方が、いろいろとやり直しがききます。
早めに離婚した方が自分自身の年齢も若いので仕事も見つかりやすいですよね。それに、早めにキャリアを再スタートさせた方が今後のキャリアアップも狙いやすいですよ。

また、最近は再婚する人も多いです。
一度結婚で失敗したとしても、二度目の結婚で幸せになっている人はたくさんいますし、これは年齢に関係なく、いくらでもやり直しがきくと思います。
子どもがいる分自由に恋愛できるわけでもありませんが、子どもがいるからと言ってひたすら仕事と育児に邁進しなければならないわけではありません。

ただ我慢するだけの結婚生活を送っていると、後になって思い返したときに「無駄な時間を過ごしてしまったな」と思うこともあるでしょう。
そうならないように、早めに人生の再スタートをきった方が充実した人生を送れるのではないでしょうか。

お金のことだけは考えて離婚しよう

離婚するなら、早い方が良いと思います。

でも、勢いだけで離婚するのも良くありません。
特に考えておかなくてはならないのは、お金のことです。

いま仕事をしていない人や、パート勤務の人の場合は、離婚後どのように収入を得るのかを考えておかなくてはなりません。
もちろん養育費ももらわなくてはなりませんし、養育費の金額によってはパート勤務でも十分に暮らしていけるかもしれませんが、実際にいくらあれば生活できるのかは計算しておきましょう。

離婚後には所得に応じて児童扶養手当がもらえますが、金額的にはそこまで多くはありません。
もし、養育費や各種手当だけを頼りにしているなら、それは間違いです。
各種手当も計算した上で、自分でいくら稼ぐ必要があるのか知っておくようにしましょうね。

離婚するかどうか迷っている人はすぐに離婚してはダメ

離婚するのは早い方が良いのですが、それはすでに離婚したいという意思がはっきりしている場合です。

もし、「まだやり直せるかも」とか「もう少しがんばってみようかな」という気持ちがあるなら、まだ離婚すべきではないと思います。

DVがあるとか、「返しても返しても借金地獄」みたいな状況になっているなら離婚した方が良いと思いますが、そこまで決定的な事情がなく、しかも自分の気持ちも固まっていない、という場合はもう少しがんばってみても良いかもしれません。

価値観の違いで離婚する人は多いですが、生活する上での大きな問題がないのであれば、お互いの価値観を刷り合わせる努力をもう少ししてみても良いのではないかと思います。

離婚するタイミングというのは、「離婚したい」という気持ちが固まったときだと思います。
そう思ってから何年も我慢して結婚生活を続けるのは大変ですし、無理をせず、必要な情報を収集して早めい離婚した方が良い場合が多いですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事