離婚

メールや通話履歴だけでは弱い!確実な浮気の証拠とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

uwaki09

夫が浮気しているみたい……。

妻が浮気しているようだ……。

でも、配偶者が浮気していると言っても確実な証拠をつかむのは至難の業です。

異性とのメールのやりとりぐらいでは証拠としては弱く、「取引先の人だよ!」とごまかされてしまったり、場合によっては逆切れされてしまったりとロクなことにはなりません。

スポンサーリンク

そこで必要となるのが不貞行為の証拠です。

不貞行為とは、体の関係がある、ということ。

浮気が原因で離婚するとか慰謝料を請求するといった場合は、とにかく「不貞行為があったかどうか」ということがポイントになります。

でも、メールや通話履歴ぐらいの証拠で不貞行為を立証するのは難しいです。

では、決定的な「不貞行為の証拠」とはどのようなものなのでしょうか?

体の関係があったかどうかを証明する

不貞行為の証拠となるのは、以下のようなものです。

・性行為中の写真、動画
・ラブホテルに入る(or出てくる)写真、動画
・性行為をしていることが分かる内容のメール、会話

性行為中の写真、動画

一番分かりやすいのはこれですよね。
浮気する人の中には、わざわざ行為中の写真を撮っていたり動画と撮っていたりすることがあります。興奮するんでしょうか……。
もし、配偶者のケータイやパソコンにこの手のデータが残っていれば、強力な証拠となります。

ラブホテルに出入りする写真、動画

次に強力な証拠となるのがラブホテルに出入りする証拠です。
普通のビジネスホテルなんかだと「仕事の打ち合わせのためにホテルのラウンジに行った」とでも言えますが、ラブホテルに入って不貞行為は無かった、というのは無理があります。

またビジネスホテルなんかでも、何回も同じ相手と一緒に行っているようであればある程度の証拠にはなるようですよ。

性行為をしていることが分かる内容のメール、会話

中には、「この前はすごく良かったよ(ハァト)」みたいなメールのやりとりをする人もいます。具体的な行為の内容が書かれていたり、「○○ホテルに行こう」というようなラブホテルの名前が入ったメールがあった場合は証拠になります。
また、車内で性行為をしているもしくは不貞行為があったことが分かる会話などをしていてそれが録音できれば、証拠になります。

不貞行為の証拠を手に入れる方法

不貞行為を確実に立証できる証拠というのは簡単には手に入りません。
帰宅したときに浮気相手がクローゼットに入っているというのはごくまれなケースですし、配偶者も浮気相手も、そう簡単にバレるような証拠は残さないでしょう。

そこで、こちらから積極的に証拠をとりに行く必要があります。

性行為中の写真、動画を撮る方法

これは、はっきり言ってほとんど不可能です。
もしも自宅で浮気しているなら、自宅にカメラを仕掛けておけば良いのですが、さすがに自宅で堂々と浮気する人はほとんどいませんよね。
「自宅に浮気相手を連れ込んでるみたい……」という場合は自宅にカメラを仕掛けて証拠をつかみましょう。

ラブホテルに出入りする写真、動画を撮る方法

浮気相手と会う日時が分かっている場合は、その場に行って撮ることができます。
「毎週水曜日に浮気相手に会っている」とか、「メールにラブホテルの名前が書いてあった」というように情報が多い場合は、楽に証拠がとれますね。

ただ、浮気相手に会う日は分かってもどこで会っているのかは分からない、というケースが多いです。
その場合は尾行する必要があるので、難易度は上がります。

性行為がしていることが分かる内容のメールや会話を記録する方法

メールチェックができるなら、こまめにメールをチェックして不貞行為を思わせるメールがあれば写真に撮って保存しておくことが可能です。

会話を記録するのは、難しいです。
配偶者のバッグなどに高性能のICレコーダーを仕込んでおくという手がありますが、見つかる可能性もありますし、実行するにはそれなりの覚悟が必要となります。

証拠集めはプロに任せるのがおすすめ

このような不貞行為の証拠をつかむには、素人の力だけでは限界がありますよね……。

プロに依頼すれば、確実な証拠をつかんでもらうことができます。
プロとはもちろん、探偵さんのこと。

「探偵なんて頼んだら何十万も取られるんじゃないの?」なんて思っていませんか?

実は、そんなことはないのです。
「会う日はだいたい分かっている」という場合なら、その日だけ尾行してもらい、浮気現場の証拠写真だけを撮ってきてもらえればいいですよね。
それなら1日だけの依頼になりますから高額にはなりません。

たとえばこちらの探偵事務所なんかは、相談は無料なのはもちろん、きちんと調査内容を確定した上で契約を交わしてから着手となりますから法外な料金を取られるようなこともありません。

あらかじめ「○円以内でおさめたいのですが」という希望も聞いてもらえますし、自分で無理して調査するよりも、良い証拠が手に入りますよ。

自分で不貞行為の証拠をつかむためには、ICレコーダーや高性能のデジカメなど機材もいろいろと必要になります。

それらを揃える費用に比べれば、安い費用でプロによる証拠が得られるので、ぜひプロへの依頼も検討してみてはいかがでしょうか?

■当ページ内でご紹介させていただいたサイト
TVでおなじみ原一探偵事務所の公式ホームページはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事