引越し体験談

20万円の見積もりが4万円に!激安引越しを叶えた方法を公開します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「引越し料金が安い業者はどこ?」

誰もが気になるところですよね。

わたしは今までの引越し回数12回。

引越しを重ねるうちに、ある重大なことに気づきました。

引越し料金は自分で下げるものだ!

ということです。
「引越し料金が安い業者」というのはありません。

スポンサーリンク

引越料金を安くするために大切なのは、

「どの引越し業者を選ぶか?」ではなく、

「どのような手順で引越し業者を選ぶか?」
ということなのです!

わたしが引越し料金を20万から4万円に下げてもらった方法

福岡から大阪に引越しました。
当時のわたしはお金にゆとりがなかったので、とにかく引越し料金は安く抑えたかったです。
でも調べてみても、遠距離の引越しは10~20万円かかるのは当たり前という感じで……。

そこでわたしは「引越し料金を安くする方法」を調べてみました。

結果として、はじめ20万円を提示されたのに、最終的には4万円で引越しすることができました!
その方法は、

複数の業者から見積もりをとる

これだけです!

これって引越し業者を探す上では絶対にやるべきこと。
でも実際にできている人が少ないんです。

一括見積を利用していますか?

わたしは、複数の業者から一気に見積もりがとれるという一括見積サイトを利用しました。

これだと自分が知らないような中堅どころや小さい業者も含めて一括見積が取れるので、良い業者を探しやすいです。

一括見積サイトに必要事項を入力すると、条件に合う業者から電話やメールで連絡がきます。そこで、仮見積もりが安いところや対応が丁寧なところなど、自分が気になる業者をピックアップしていきます。

一社目で決めていませんか?

正確な見積もりを出してもらうには、訪問見積もりをしてもらわなくてはなりません。
このときわたしは、5社に来てもらうことにしました。
1日のうちに、午前中から夕方まで時間をずらして設定しておきました。

ここで失敗する人が多いんですよね。

せっかく複数の業者に見積もり依頼を頼んだのに、一社目で決めていたら意味がありません。

「奥さん!今決めていただいたらここまで値下げしますよ!」

引越し業者は必ずそう言って大幅な値引きをしてくれます。

「そんなに安くしてくれるなら♪」と、他の業者を断って一社目で決めてしまうんですよね……。
はっきり言って、甘い!

引越し料金をとにかく安くしたいなら、まだまだ値下げは狙えます。

他社の見積書を見せてもいいんです!

営業マンに粘られても、「次の業者が来ますので^^」と言っていったん帰ってもらい、すべての業者から見積もりをもらいます。

その際、必ず「当社以外でも見積もりされてますか?」という話が出るので、他の業者からもらった見積書を見せてあげましょう。そうすれば、営業マンは他社の悪口を言いながら、さらに安い料金を提示してくれます。

これを、3~5社程度繰り返したらどうなると思います?

料金がどんどん下がっていきます。

別に交渉テクニックみたいなものがなくても、複数の業者から見積もりをもらうだけで引越し料金はどんどん安くなりますよ。
これなら誰にでもできるはずです!

営業マンに押し切られないための断り方

「でも、強引な営業マンが来たら断れずに契約してしまいそう……」

そんな人もいるかと思います。

大丈夫です!

鉄板の断り文句でお断りしましょう!

「決めるのは主人なので^^」

即決を迫られたら、「決定権は夫にある」と言い張ります。

男性であれば「奥さんに聞いてみないと……」

独身の方なら「お母さん(orお父さん)が一通り確認することになっているので……」

これでOKです。

しつこい営業マンは即断ってOK

中には、「そんなっこと言って~!ホントは奥さんが決めるんでしょ?今決めてくださいよ!!」なんて抜かすヤカラもいます。

そういうしつこい営業マンは、その場で断ってしまっていいと思います。
わたしは特に、無駄にしつこい営業マンがキライなので「じゃあ結構です。お帰り下さい」と言っちゃいます。

なんならその場で本社に電話して苦情を申し立ててもいいぐらいだと思います。

わたしが4万円で引越したときの契約内容

参考に、わたしがどうして4万円まで下げることができたのか、その契約内容もご紹介しましょう。

たしかに、複数の業者から見積もりをもらうことで料金は安くなりますが、それだけではないんです。

わたしは以下のような内容で契約しました。

・平日
・午後便
・混載便

まず、土日に比べると平日は安いです。このときはわたしは仕事を退職したので平日の引越しが可能でした。

そして、午前の便に比べて時間があいまいになりがちな午後便は、かなり安くなります。

混載便というのは、トラックを1台貸し切るのではなく、大きなトラックに他の人の荷物と一緒に運んでもらう方法です。これだと大幅に安くなります。

4万円という破格で遠距離引越しをしたので、浮いたお金で新しい家具も買えました♪
もちろん当日の作業スタッフはきちんと仕事してくれましたし、対応には何も問題なかったので安くても満足度の高い引越しができましたよ。

引越しの際にはぜひ参考にしてみてくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事