引越し体験談

引越し料金はどれぐらい?引越しに必要な資金の目安

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダンボール

引越しをするには、どれぐらいのお金がかかるものでしょうか?

引越しに備えて貯蓄をする人も多いと思いますが、いくらぐらい貯めたら良いのか分からない、なんていうことはありませんか?

引越しには、具体的にどのようなお金がかかってくるのか、考えておきましょう。

スポンサーリンク

引越しには

・物件の契約初期費用
・引越し業者に支払う費用
・新たに購入する家具・家電の費用
・引越し挨拶の粗品費用

などがかかります。まず物件の契約初期費用ですが、一般的には「家賃6か月分」だと言われています。

実際にかかるのは

・入居日から月末までの日割り家賃
・入居翌月の前家賃
・敷金(保証金)
・礼金
・火災保険料
・仲介手数料
・鍵交換費用

などです。

入居翌月の家賃まで先に支払うのは、慣習のようなものでもありますが、引落の場合は銀行の手続きが間に合わないから、という事情もあるでしょう。

敷金や礼金は「家賃3か月分」と言った形で設定されていることが多いですが、物件によって金額はバラバラです。敷金礼金ゼロ、というところも最近は多いですよ。

仲介手数料は家主と折半で支払うことが多いので、家賃の半月分+消費税、という形で支払うのが一般的です。

火災保険料は2万円程度が相場となっていますが、一人暮らしや母子家庭などの少人数世帯であれば、もっと安いかもしれません。一律2万円程度の保険料を請求しているところもあるので、保障内容を確認し、過剰な保障になっていれば保障を下げることで保険料も節約できます。

鍵の交換費用は1万~2万円程度です。義務ではないのですが、交換しておいた方が安心でしょう。ただ、中には交換費用を請求しておいて、実際には古いシリンダーを使いまわしていたり、そもそも替えていない、というケースでトラブルになることもあるので、入居前に鍵が新品になっているかの確認はした方が良いでしょう。

他にも、ハウスクリーニング代を請求する業者もありますが、これも当然義務ではありません。あと、入居前にクリーニングをする費用なのか、退去後のクリーニングをする費用なのか、ということは必ず確認してください。退去後のクリーニング代のはずが、退去時にもクリーニング代を請求される、といったトラブルも起こっています。

また、保証人が不要の物件では、別途保証会社への保証料も発生します。

初期費用の相場としては「家賃6か月分」を目安にしても良いのですが、選ぶ物件によってかなりバラつきがありますので、その点は理解しておいてくださいね。

次に、引越し作業にかかる費用ですが、引越し業者に依頼するのがもっとも楽で、しかも安全な方法です。引越し費用は距離、荷物の量、日時によっても大きく変わりますから相場は無いのですが、ファミリーで遠距離の引越しの場合は数十万円にのぼることもありますので、しっかり資金を準備しておきましょう。

実家をでて一人暮らしを始めるとか、結婚して新居に引越しする、という場合は家具家電をほとんど1から買い揃えることも多いと思います。家具にしても家電にしても、ニトリで買うのか、アンティーク家具を買い揃えるのか、型落ち品を買うのか、新商品を買うのか、ということでも大きく変わってきます。

費用を抑える場合には、一人暮らしであれば20万円程度が目安となっています。家から持ち出せるものがあるなら、もっと費用を抑えられますね。

新婚カップルなどで、それなりにきちんとしたものを一通り揃えたい、という場合は、50~100万円は必要です。ただ、このように予算が大きい時には数万円の差でも気にせず高いものを買ってしまいがちなので、本当にその商品で良いのかよく吟味してから決めるようにしましょう。

それから、「引越しって意外と費用がかさむな~」と思わざるを得ないのが、「挨拶に持参する粗品」の費用です。どの範囲まで挨拶をするか、という決まりはないので、ケースバイケースで判断するしかありません。

戸数の多いマンションであればすべて回るのは現実的ではありませんし、両隣と上下ぐらいに挨拶するのが一般的です。戸数が10戸以下などの小さなマンションであれば、すべてに回った方が印象は良いかもしれません。

一軒家の場合は、両隣と、向かいの家、はす向かいの家、そして裏側の家の6件程度に挨拶するのが一般的です。
家主さんへの挨拶も忘れないようにしましょうね。

また、引越しの挨拶は引越し先での挨拶を考えがちですが、旧居のご近所さんにも、長年お世話になった挨拶をした方が良い場合もありますね。付き合いがあった人には挨拶しておきましょう。

品物の相場は、だいたい300~千円程度でしょうか。洗濯洗剤などの消耗品が良いですね。食べ物の場合は好みに合わないこともあるので、他の人に配ったりもできるように日持ちするものにした方が良いでしょう。

1個500円としても、6件に配れば3千円、10件に配れば5千円です。引越し前はバタバタして準備を忘れがちなので、気をつけましょう。

このように、引越し資金として用意すべき金額というのは、決まっているわけではありません。お部屋探しをするときには、今ある貯蓄に合わせて、無理のない家賃の物件を選ぶようにしましょうね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事