ヘアケア

白髪染めで傷んだ髪をヘナ以外で優しく染める方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

usuge07
年齢を重ねると気になりだすのが白髪……。

白髪ってけっこう目立つし、こまめに染めなきゃいけないから大変なんですよね。

しかも、こまめに染めるというのは髪にもダメージが大きいもの。

いくら白髪は隠せても、髪自体が傷んでパサパサというのは避けたいです。

スポンサーリンク

女性に人気のヘナは面倒くさい!

白髪が目立ち始めたとき、多くの人は一般的な白髪染めを使うと思います。

でもカラーリング剤というのは刺激が強く、こまめに使用するには少々荒業なカンジ。

そこで人気があるのはヘナです。

白髪染めほど強い成分でもなく自然な仕上がりになるので、チャレンジする女性は多いです。

ただ、ヘナって時間がかかりすぎて面倒くさいのが難点……。

ヘナの粉をお湯で溶いて、シャンプー後の髪になじませて、待つこと1~3時間
その後再びシャンプー……って面倒くさいわ!

数か月に1回程度ならがんばれますが、白髪って少しでも伸びてくると目立ちますし、かと言って数週間おきに使うのも時間がかかって大変です。

ヘナを普段から使える人は、そう多くはないのが実際のところですよね……。

ヘアカラートリートメントを使ってみよう!

ヘアカラートリートメントはご存じでしょうか?

トリートメント感覚で使えるヘアカラーです。
たとえばLPLPヘアカラートリートメント利尻ヘアカラートリートメントといったもの。

使い方は簡単。
市販の白髪染めを使うときみたいに、髪全体になじませたあとにしばらく放置し、あとはシャンプーで洗い流すだけです。

白髪染めと違って髪への刺激は少ないし、トリートメント効果もあるのでキレイに仕上げることが可能です。

たいして効果がないと思っていませんか?

こういった商品は白髪染めではありません。

だから、「ちゃんと染まらないんじゃないの?」って思う人も多いハズ。

たしかに、白髪染めほど簡単に染まるわけではありません。

何度か使用することが必要です。

逆に言えば、少しずつ自然に染められるとも言えますね。

1回使用しただけでは、正直「ちょっと白髪が茶色くなったかな?」という程度。
でも、連続して使用することによって自然な髪色に染まっていきます。

毎日使わなくても、週に1~2回の使用で十分です

ヘアカラートリートメントは、毎日使用するものではありません。
多くても週に1~2回で十分だと思います。

使いはじめは連続して使う方がすぐに染まりますが、ある程度染まったあとは白髪が気になってきたときに使用する程度で十分キレイな髪色が保てるんですよ。

また、使いはじめやしっかり染めたいときは乾いた髪に使う、シャワーキャップを使用する、という方法が有効です。

本当に髪は傷まない?

白髪を染める上で気になるのが、髪へのダメージではないでしょうか。

いくら白髪がキレイに染められても、髪自体が傷んでしまっては元も子もありません。

その点ヘアカラートリートメントは、髪が傷みにくいです。

ただ残念ながら、まったく傷まないというわけではありません。
やはり髪を染めるための成分は入っていますし、それによって髪が傷みやすい状態にはなります。

でも白髪染めに比べればかなりダメージは少ないですから、ここは受け入れるしかないですね。
髪のダメージを和らげる方法もあります。

それは、しっかり洗い流すことです。

すすぎをしっかりしない人の場合、ヘアカラーの成分が髪に残ってしまい、その結果髪が傷んでしまうことがあります。
また、頭皮にもダメージを与えてしまい、かゆみや乾燥を感じることも。
すすぎが甘いと、髪を拭いたときにタオルにもヘアカラー成分がついてしまうこともあるのでイヤですよね。

そうならないようには、とにかくしっかりすすいでおくこと。
そうすれば髪や頭皮へのダメージも最小限に抑えられますし、快適にキレイな髪を保つことができるでしょう。

また、同メーカーのシャンプー&コンディショナーを使うのもおすすめです。

そもそも市販のシャンプーって添加物やら何やらで髪に良くないって言いますよね。(美容師さんからも口酸っぱく言われると思うのですが)
わたし自身もシャンプーにはこだわりがある方で、市販のシャンプーはほとんど使えません。

同メーカーのものを使えば成分的にもバランスがとれますし、より髪のダメージを減らせるでしょう。
現状で「市販のシャンプーでも問題ない」という人は、もちろんヘアカラートリートメント単体での使用でかまいません。
もし、気になるようでしたらライン使いをしてみると良いですよ。

白髪染めでもヘナでも満足できないという人は、ぜひ試してみてくださいね!

■当ページ内でご紹介させていただいたサイト
LPLPヘアカラートリートメントの公式ホームページはこちら
利尻ヘアカラートリートメントの公式ホームページはこちら←こっちの方が短時間で染まる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事