引越し

お部屋のコンセントはどこにある?それで足りますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コンセント

お部屋探しのために物件の内覧に行くときは、コンセントの数にも注目してみましょう。コンセントが足りなければ、「たこ足配線」にすればいい、と考えることもできますが、それだけ延長コードやたこ足配線が増えるほど掃除も大変になりますし、ホコリが溜まって火事の原因にもなるのでなるべく控えた方が良いのです。

スポンサーリンク

現在、いくつのコンセントが必要になっているか把握している人はあまりいないと思いますが、試しに数えてみましょう。

テレビ、ブルーレイレコーダー、ゲーム機、パソコン、ルーター類、固定電話、ケータイの充電器、冷蔵庫、洗濯機、電子レンジ、扇風機、エアコン、空気清浄機……コンセントが必要なものはたくさんありますよね。

特に困りやすいのが、比較的築年数の浅い実家から、一人暮らしのために古めのアパートに引っ越した、というケースです。
最近の住宅ではコンセントの数も多くなっているのですが、古い物件ではコンセントの数が少ないのが一般的です。昔は今ほどさまざまな家電がなかったですからね。少ないコンセント数でも足りたのでしょう。

内覧のときにすべてチェックするのが難しくても、コンセントの数と場所は控えておいて、あとからじっくりと、どのコンセントになにをつなぐか考えてみましょう。

コンセントの場所によっては、家具で隠れてしまうところもありますし、パソコンを置きたい場所付近にコンセントがなければ延長コードを使用して部屋の周りをぐるりと回して配線しなければならないかもしれません。

コンセントを増やす工事というのは通常賃貸では無理ですから、自力でなんとかするしかありません。電化製品の数が多い人は、なるべくコンセントの数が多いところに引っ越した方が良いでしょう。

それから、配線については、引越し前によく計画しておくのがおすすめです。食器棚のような大きな家具は一度設置してしまうとなかなか移動できませんよね。家具の前に延長コードを通してしまうと見栄えも悪いので、家具の裏側にコードを這わせることができるように、ある程度の計画をしておきましょう。

特にパソコンまわりは配線がごちゃごちゃしてしまいがちなので、すっきり収納できるようによく考えておきます。配線カバーはホームセンターなどで売っているので、ある程度計画できれば自分で配線をととのえるのも良いですね。

ファミリーの場合などは配線もとても大変になることがありますが、その場合は電気工事会社に依頼することも可能です。コンセントの増設などではなく単に配線をきれいにととのえてもらうだけなら1万円程度でできることもありますし、それで火災や引っかかりによる転倒を防止できるなら良いかもしれません。

業者に頼めば天井にコードを這わしてもらって床がすっきりすっるようにしてくれたりもするので、小さいお子さんがいるご家庭にはおすすめですよ。

築年数の経っている物件は特に、コンセントの数や場所によって困ることは多いので、いくつコンセントがあるのが理想なのか、よく考えてみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事