婚活の体験談

婚活がうまくいかないあなたへ!結婚相手に求める条件の決め方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

結婚相手の条件ってありますか?

「背が高くてぇ~
高収入でぇ~
高学歴!!」

なんて言う人はイマドキいないとは思います。

でも、
「優しくて誠実な人だったらいいかな。
できれば収入は多い方がいいけど……
顔はブサイクじゃなければ……でもジャニ系だったらうれしいかも
義母がうるさくなくて、長男以外で、大企業に勤めてる人で……」

なんて、結局妙に理想が高くなってしまっていないでしょうか?

スポンサーリンク

あまり条件をがんじがらめにしてしまうと、いくら良い婚活サイトを利用しても婚活はうまくいきません。

とは言え結婚は人生に一度きりのもの(のはず)ですから、妥協はしたくないですよね!

そこで、婚活を成功させるための結婚相手に求める条件の決め方を紹介しましょう!

新「3K」とは?

冒頭の「背が高くてぇ~」というのは、昔言われた「結婚相手の条件」、3Kというものです。

「高身長・高学歴・高収入」ってやつ。

でも今は、このように言われているそうです。

「価値観」「金銭感覚」「雇用形態の安定」

これで3Kだと。

でも、なんとも曖昧な条件ですよね~?

特に「価値観」!

離婚の原因の上位には「価値観の違い」というものがありますが、
価値観なんて違って当たり前です。

価値観が近い人を選んだとしても、価値観が近いせいで些細な食い違いが受け入れられなくなることもあります。

たしかに「金銭感覚」は大切です。
金銭問題で離婚しているわたしが言うんだから間違いない(笑)

借金があるとか言うのはもちろん、お金にルーズな人はすべてにおいてルーズなことが多いので、まず除外した方がいいですね。

でも、雇用形態の安定っていうのはどうなのかな~?
大企業でもリストラされる可能性はあるし、それならその人自身の能力に目を向けた方がいい気がする。
能力がある人ならどこで働いてもそれなりに稼げるから。

「どこで働いているか?」とか「正社員かどうか?」って、イマドキあんまり気にならないような??

だから、この新3Kってあんまり意味がないような気がする……。

「あれもこれも」じゃ結婚相手は見つからない!

女性の中には、批評家のように男性をこき下ろす人がいます。

友達の彼氏を見ればすぐに「でも○○っていうのがネックだよね~」みたいに批評する。

まぁ女子会でやるだけなら別にいいんですけど、出会った男性に対しても全部批評しちゃって

「この人はうちの実家を大事にしてくれなさそうだからダメ!」

みたいに偏見丸出しで却下してしまうのはいかがなものでしょうか。

人間、誰でも欠点はあります。
それどころか欠点だらけです。

片づけが苦手・おなかぽっこり・理屈っぽい・鼻が低い……

いろいろな問題はあるものですよね。
↑これ全部、わたしのことですが何か?(笑)

絶対に譲れない条件

大切なのは、絶対に譲れない条件を決めることです。
細かい条件を、ロンブーの淳みたいに決めていてはいけません。

わたしが考える条件はこれ。みなさんにとっても参考になると思います。

金銭感覚がまとも

借金をする人は治りません。
30歳過ぎても借金を繰り返したりなんでも「リボ払い」にしている人はやめた方がいい。
お金がかかる趣味を持っている相手なら、その趣味を受け入れられるかどうか慎重に見極めを。

女性問題のなさそうな人

これは、あきらかな「チャラ男」だけでなく、優柔不断な人・見栄っ張りな人にも注意していただきたいです。
モテなさそうな容姿の人でも、断れない・カッコつけたいタイプの人は浮気しやすい。

話し合いができる

何か問題があったときに、話し合いにならない人はダメ。
暴力を振るうのはもってのほか。

ふてくされてどこかに行ってしまう、というような人も気を付けましょう。

その場ですぐに話しあって解決できる人が理想。
そうでない場合、冷却期間(数日)をおいた後にちゃんと話し合える人なら大丈夫。

宗教が合う人

結婚してから後悔する人が多いことの一つに、宗教問題があります。
無宗教の人は宗教に対して無防備な人が多いですが、結婚相手の実家が「○○教の信者」というような場合は、付き合いが大変になります。

聞きなれない宗教の場合は特に、事前にしっかり調べてから結婚を決めましょう。

酒乱はNG

これも、結婚してから後悔する人が多い。
「お酒を飲むとちょっと調子にのっちゃう」ぐらいは許せても、警察沙汰になる(もしくは今後なりそう)みたいな場合は避けた方がいいです。
「普段は良い人」でも、酒癖が悪ければすべてが台無しになります。

細かい条件はとりあえず置いておこう

婚活をするなら、上記に挙げたような最低限の条件だけ重視しましょう。
もちろん、人によっては「うちは絶対に婿養子になってくれる人じゃないとダメ」というような譲れない条件があると思うので、そういうのがあればプラスしてください。

とりあえず最低限の条件さえクリアしていれば、まずは付き合ってみる。

これだけで婚活は成功しやすくなります。
試しに付き合ってみれば、「かっこいい人が良かったけど、この人の顔は味があってだんだん愛着がわいてきた♪」というようなこともあります。
その他のこまごました条件に関しても、自分自身の価値観が変わることだってありますよね。

婚活を成功させるには、こまかい条件にこだわるのではなく、いろんな人と時間を共有してみることが大切です。

その中で、自分が本当に重視したいことというのが分かってくるはずです。

頭の中で考えているだけではなく、実際に行動して素敵な結婚相手を探してみてくださいね!

■当ページ内でご紹介させていただいたサイト
オーネットの公式ホームページはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事