婚活の体験談

女の市場価値は30歳まで!?自分の「市場価値」を考えれば婚活はうまくいく

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女は30歳すぎると価値が下がる

なんてことを聞いたことはありませんか?

婚活する場合において、女性の年齢は非常に重要になります。

婚活では婚活サイトの相手のスペックを見ながら結婚相手としてふさわしいかどうかを見ていきますが、それは男性側も同じ。

女性の場合、年齢で市場価値が大きく変わってしまうのです。

スポンサーリンク

どうして年齢が重要になるの?

わたしたちは、どうして結婚したいと思うのでしょうか?

「幸せな家庭を築いてみたい」
「世間体を考えて」
などの理由があると思いますが、大きな理由としては子どもがほしいということがあるのではないでしょうか。

すると必然的に、若い方がいいに決まっている!という結論になりますね。

また残念ながら、日本の男性は若い女の子が大好きです。
悪く言えばロリコン文化と言いますか。

わたしから見たら安っぽい色気を振りまいているだけに見えるハタチぐらいの女の子でも、男性陣は鼻の下を伸ばして話しかけたりしてますからね。
ま、わたし自身もハタチぐらいのときは「わたしってモテる♪」みたいな勘違いをしてたわけですが。

「子どもが欲しい」という生物的な本能と、それから日本人男性特有の志向である「若い女の子が好き!」っていう事情により、女性の年齢というのは非常に大事だということになります。

女性の市場価値は年齢とともに下がります

最近は高齢出産をする人も増えていますが、妊娠というのはいつでもできるわけではありません。

もっとも妊娠しやすく出産に適しているのは20代半ばです。

それ以降ももちろん妊娠できますが、
35歳を過ぎると急激に妊娠しにくくなります。

だから、婚活において女性の年齢は重要なんです。
35歳までに出産しようと思えば、34歳には妊娠しておかないといけませんし、そのためには32~33歳で結婚を決めないと、その後の市場価値は大暴落してしまう……というのが現実です。

「女は30まで」というのは大げさですが、それでもせいぜい32~33歳までがリミットだと考えた方が良いのではないでしょうか。

結婚相談所などでも、30歳そこそこぐらいの年齢であればまだチャンスはあるけれど、35歳を過ぎると非常に厳しくなる、と言われています。
「いつかは結婚したい♪」と思っている人は、悠長に構えていないで早めに行動することをおすすめします!

市場価値を決めるのは年齢だけではありません

自分が相手のスペックをチェックするように、相手の男性もあなたのスペックをチェックしています。

女性の場合は相手の学歴や年収を重視する傾向がありますが、男性の場合は「容姿」を重視する人が多いです。

だから、同じ30歳の女性でも、見た目が老けていれば却下になり、見た目が可愛ければOK!ということにもなります。

あぁ残酷。

もちろん男性でも、相手の年収や学歴も重視する人はいますが、婚活でのチャンスを広げたいのであれば、外見を磨くことは外せない、といったところでしょうか。

男性ウケするナチュラルな女性らしさを演出することができれば、婚活も成功しやすいと言えるのではないでしょうか。

実際に婚活サイトを使ったりしながらたくさんの人に会ってみると、自分の市場価値も分かってきます。

「あ、わたしって思ってるより市場価値低いかも……」
っていう場合は、もう少し条件を落として探す必要があるでしょう。

「意外とわたしってモテる!?」
っていう場合は、少し条件にこだわって吟味してもいいかもしれません。

自分の市場価値を知ることで、婚活を成功させて結婚までいきつく可能性が高くなりますよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事