引越し

プロパンガスと都市ガスの料金の違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ガスコンロ

ガスには、「都市ガス」と「プロパンガス」があります。

これらの違いはご存じでしょうか?都市部の人であれば都市ガスしか知らずに、一人暮らしを始めたときにプロパンガスの物件に初めて出会った、という人もいるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

プロパンガスのガス料金の高さに驚かれた方も多いのではありませんか?そう、プロパンガスは、高いんです。場合によっては都市ガスの2倍以上の料金がかかることもあるので、お部屋探しのときには注意が必要です。

プロパンガスは「LPガス」とも言われており、建物の横に大きなガスボンベが設置されていてそこからガスを引き込みます。都市ガスの場合は地面にガス管が埋まっていてそこからガスを引き込んでいます。

都市ガスなら東京ガス、大阪ガスといった会社と契約しますが、プロパンガスというのは会社の数が非常に多く、賃貸の場合は家主が特定のガス会社と契約しています。

ガス会社によって料金体系もバラバラで、都市ガスの2倍ほどの料金になっていることも珍しくありません。ただプロパンガスは都市ガスと比べて火力が強いので、料金が高くなるのもある程度は仕方のないことなんです。

でも、せっかく家賃が安くても、ガス料金が高ければ意味がありませんよね。住宅情報にはたいてい都市ガスかプロパンガスかの記載はあります。そして、できれば契約前に、その物件で使われているガス会社の料金を調べておくぐらいのことはしておきたいものです。
毎月、ガスの使用量の明細が届きますよね。それで、現在のガス使用量を確認し、プロパンガス会社の料金用に照らし合わせていくらぐらいになりそうかを確認してみましょう。

ただいくら高くても、ガス会社の変更は簡単にはできません。家主が契約しているもので、プロパンガスの場合は家主にとってメリットの大きい契約形態であることが多いので、ちょっと相談したぐらいで簡単に変えてもらうことはないでしょう。

その場合は、個人でガス会社に値段交渉をすることは可能です。プロパンガスは公共料金ではありません。都市ガスや電気のような公共料金ではないので、料金もガス会社が自由に決めて良いことになっています。自由にガス料金を決めていいからと言ってそのまま消費者に請求する、というわけではなく、あくまでも消費者との契約が必要ですよね。

消費者が納得できなければ、ちゃんと交渉をしてみましょう。個人での交渉は認められていますので、値下げしてもらえることもありますよ。

プロパンガスの物件を都市ガスにする、ということはできませんから、家賃とのバランスで決めるのが良いでしょう。プロパンガスはたしかに高いですが、家賃が相場と比べても破格になっていれば、高いガス代を払ってもお得になるかもしれませんよね。

年間のガス代の平均で考えてみましょう。現在のガス使用量から計算して、都市ガスなら月5千円、プロパンガスなら1万円が平均だと予想したとします。ガス代の違いは5千円です。

すると、家賃が6万円で都市ガスの物件なら合計6万5千円、家賃が5万5千円でプロパンガスの物件でも合計6万5千円で同じになります。

相場よりも安い家賃であれば、プロパンガスの物件を選んでも、お得な場合もあるので家賃とガス代のバランスをみて、お部屋を決めるのが良いですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事