お部屋探し

家賃に水道代込みってどういうこと?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

水道

住宅情報を見ていると、「水道代込」「水道代2千円」などと書かれていることがあります。

普通は電気代にしてもガス代にしても、使用量に応じて料金を支払うものですよね。

水道代が家賃に入っているとか、水道代が一律料金になっているのは一体どういうことなのでしょうか。マンションやアパートの場合、戸別のメーターを設置していないことがあります。建物全体で水道の使用量をみているんですね。

スポンサーリンク

すると、建物全体の水道料金を、入居者でワリカンにする、ということになります。また、建物全体で契約しているとその分水道料金が割引になることもあるので、安めの料金で済むことも多いんです。

それから、水道代は毎月徴収されるところと2か月に1回徴収されているところがあります。現在毎月の徴収で3千円程度支払っているとして、引越し先の物件が2か月おきの徴収で5千円、ということであれば、引越し先の方が1か月あたりの水道代は安いですよね。2か月分の水道代なのか、1か月分の水道代なのかはよく確認しましょう。

家賃に水道代が込みというのはあらかじめ水道料金分が上乗せされていると思えば良いでしょう。家賃がちょっと割高かな?と思っても、水道代が別途請求されないのであればお得ですよね。

たとえば現在の水道代が2か月に1回5千円程度かかっているとします。1か月あたりの水道代は2,500円です。引越し先の家賃の相場が6万円だとしたら、水道代を合わせると62,500円。

その地域で気になる物件が62,000円の家賃で水道代が込みになっいれば1か月あたり500円得する、ということです。

また、家賃とは別に水道代2千円、と設定されている場合も同様に考えます。家賃6万円、水道代2千円、となっていれば、今よりも500円、水道代が得になる、ということになりますね。

お部屋探しをするときには家賃ばかりを気にしてしまいがちですが、公共料金がいくらかかるのか、というのも、住むところによって変わるものですから、合計で得なのか損なのか、よく検証するようにしましょうね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事