引越し

共有部分にかかる費用を共益費として支払う仕組み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

古びたマンション

賃貸物件には、「共益費」というものがありますよね。

この共益費は家賃と合わせて毎月支払うのが一般的ですが、共益費とはそもそもどういうものでしょうか?

共益費とは、建物の、共有部分にかかる経費のことです。たとえばエレベーター。エレベーターの点検費用であったり、清掃費用を、住人みんなでワリカンして負担する、というものが、共益費です。

スポンサーリンク

エレベーター以外にも、廊下やエントランス、ゴミ捨て場など、共有部分はいろいろありますよね。共有部分を、自ら掃除したり点検をおこなったりしている人は少ないと思います。それでも共有部分が安全で、きれいに保たれているのは、管理会社などが自分で掃除をしたり、業者に依頼して点検や清掃をおこなっているからです。

他にも、防犯カメラの維持費なども含まれますし、共益費には、共有部分にかかるさまざまな経費が含まれています。

共益費は建物の規模によっても変わりますし、戸数によっても変わります。設備の整った物件であれば共益費は高くなる傾向がありますし、小さくてシンプルなコーポなどでは2千円程度のところが多いです。

共益費も、家賃と同様毎月支払うものですから、家賃の一部として考えるようにしなくてはなりません。家賃60,000円、共益費5,000円の物件と、家賃63,000円、共益費2,000円の物件では、支払う金額は同じです。

ただ、敷金・礼金。仲介手数料は家賃をもとに計算されることが多いですから、初期費用が若干変わってきます。敷金礼金がそれぞれ家賃1か月分、仲介手数料が家賃の半額+消費税、という場合には、家賃が60,000円なら151,500円。家賃が63,000円なら159,075円と、7,575円の差は出てきます。

本当は63,000円の物件の方が好きなのに、家賃3千円の差で60,000円の物件に決めたとしても、実際に毎月支払う金額は同じで、初期費用が少しお得になるだけなら、それが正しい選択かどうかは熟考の余地があるでしょう。8千円程度の初期費用を上乗せして好きな物件に住めるのであれば、63,000円の方の物件を選ぶ人も多いのではないでしょうか?

住宅情報サイトの検索方法でも、家賃の下限や上限を設定しますよね。たいていその下に、「共益費込」というチェックボックスがあります。そこにチェックを入れておけば、共益費込の料金で比較できます。共益費抜きで検索して良い物件を見つけても共益費が高くて予算オーバーになることもありますから、気をつけてくださいね。

また、数千円の共益費であれば、交渉次第で値下げしてもらえることもあります。

たとえば、家賃6万円+共益費2千円の物件なら、共益費込の家賃6万円にしてもらえる、というケースもあります。2千円の値引きでも、年間2万4千円もの金額が節約できるので大きいですよね。予算オーバーでも諦めずに交渉してみることは大切ですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事