お部屋探し

大学生の一人暮らし!失敗しないための手順まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大学に合格したら、ものすごい解放感がありますよね。

ツライ受験勉強から解放されて、大学生活への夢が膨らみます。

でもその前に、遠方の大学に合格した場合は、一人暮らしの準備を始めなくてはいけません。

住むところは早々に決める人も多いとは思いますが、その後も自分の荷物の荷造りをしたり、引越し業者の選定をしたり、新たに必要な家具家電を買い揃えたりといろいろとやることがあります。

スポンサーリンク

引越しまでのおおまかな流れをつかもう

引越しまでには、このような流れがあります。

新居の決定

大学の近くには大学生向けの不動産会社が多く立ち並んでいることも多く混みやすいです。早めに動くようにしましょう。

引越し業者の決定

3月は引越し業者も繁忙期に入りますから、早めに契約を済ませないと希望の日時に引越しができないこともあります。
また、3月は引越し料金も高くなりやすいので、必ず引越し見積もりサイトで一括見積をした上で比較し、適正価格で引越しできるようにしてくださいね。

荷造り

自分のものはもちろん、一人暮らしを始めるにあたって必要となるもので、実家からもらえるものはもらっておきましょう。

家具家電の購入

一人暮らしで新たに必要となるものは早めに買い揃えておきましょう。
洗濯機や冷蔵庫に関しては、学生マンションだとあらかじめ完備しているところもありますよ。
また、収納家具や雑貨類はこちらの通販サイト
が探しやすくておすすめです。

友達と遊んでおく

地元を離れる場合、高校時代仲の良かった友達とはしっかり遊んでおきましょう。
お互いどこの大学に決まったのかも報告し合いたいですね。
新居の住所を知らせておいても良いと思います。

引越し

引越しそのものは業者がやってくれますが、どこに何を置くのかということは自分で指示していきます。
また引越し当日には、ご近所への引越しの挨拶も済ませておくと安心です。挨拶の際にお土産を持参する場合、地元の銘菓にするのも良いですし、現地のスーパーで日用品を手配しても良いでしょう。

3月は忙しくなるので体調管理をしっかりと!

大学合格後は、一気に忙しい日々が始まります。
引越関連以外にも、高校の卒業式や打ち上げ、卒業旅行などイベントがたくさんありますね。

また、大学に提出しなければならない書類関係ももれなく目を通すようにしておきましょう。
入学式で着る服の準備も忘れないようにしてください。

体調を崩さないように気を付けながら、一人暮らしの準備を楽しんでくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事