引越し

インターネットが無料で使える物件のメリット・デメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パソコンを使う女性

学生マンションなど、単身向けの物件では特に最近増えてきているのがインターネットが無料の物件です。

普通は、インターネットを使うには、プロバイダ料金や、利用料、装置のレンタル料等のさまざまな料金がかかるものです。
それが無料なんて、とてもお得な感じがしますよね。

スポンサーリンク

どういう仕組みで無料になっているのかと言うと、建物全体でインターネットの契約をしていて、「ネットカフェ」のような感覚です。

ただ、無料なのは良いのですが、デメリットもあります。住民みんなが使用しているとそれだけ速度が遅くなるので、現在よりも、ストレスが多くなるかもしれません。

また、無料といっても、それば光回線なのかADSLなのか、ということも確認しておきたいですね。無料といっても種類はあるので、契約前によく確認しておくようにしましょう。

一方、「ブロードバンド対応」「インターネット対応」と書かれている物件は、無料ではありませんから注意が必要です。

あくまでも、「この物件はインターネットに対応していますよ」という、最近ではほとんど当たり前のことが書かれているだけで、実際には自分で契約して、自分で料金を支払う必要があるものです。

それに、「光ファイバー導入済み」などと書かれていても、戸数に限りがあり、「空きがない」という理由で利用できない場合もあります。

インターネットの利用はほとんどの方が必要だと思いますので、どのような条件の物件なのかはしっかり把握しておかなければなりませんよね。

引越しをするときには事前に手続きをしておかないと、引越し後しばらくはインターネットが使えない、ということもあります。

最近流行のLTEやWiMAXなら引越し手続き無しでもそのまま使用できますが、これもメリット・デメリットもあるので、よく考えて決めるようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事