貯金

貯金してますか?一人暮らしのマネープランはこうして考える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

130135

一人暮らしをしていると、貯金なんて全然できないですよね。

実家暮らしの友達が羨ましいと思いつつ、今の自由気ままな生活も気に入っているし……。

今回は、そんな一人暮らしのアナタのための、賢いマネープランの考え方をご紹介したいと思います!

貯金しなければいけないのはなぜ?

漠然と「貯金しなきゃ……」と思っている人は多いと思います。

そもそも、なかなかお金が貯まらないのは明確な目的を持っていないからだと言えます。

というわけで、マネープランを考えるにあたって、まずは

お金を貯める目的から考えていきましょう!

スポンサーリンク

自分の欲望・願望を整理しよう

「車が欲しい」「マンションを買いたい」「結婚したい」
そういう明確な目的があると、お金は貯まりやすくなります。

なんとなく考えるのではなく、「2年後には車を買う!」とはっきりと期限を決めるのがおすすめです。
そうすれば、そこから逆算して月々貯めるべき金額が分かります。

2年間で100万円貯めるとしたら、月々4万2千円ほど貯めれば良い、ということが分かりますね。

「万が一」のための貯蓄をしよう

あれがほしい、これが欲しいといった欲望のためのお金だけでなく、わたしたちは「万が一」のことが起こったときのためのお金も準備しておかなくてはなりません。

たとえば病気になってしまった、失業してしまった、といったことです。

一人暮らしの場合は気軽に実家に頼れるわけでもないので、自力で解決できるだけの蓄えは欲しいところですね。

ちなみに、万が一のことがあったときに安心なのは「半年分の生活費」相当だと言われています。

毎月15万円あれば暮らしていける、という人の場合は、90万円貯めておけばとりあえず路頭に迷わなくて済むかな、といったところです。

老後資金を準備しよう

老後資金というのは、なるべく若いうちから準備しておいた方が良いものです。

老後には、ある程度まとまった資産がなければ生活が立ち行かなくなってしまいます。
早めに準備を始めていれば後々楽になりますし、途中で調整もききます。

たとえば、老後資金のつもりで貯めてたお金がある程度あれば、途中で「キャリアアップのために留学したい!」という夢ができたときにもすぐに行動できます。
そして、キャリアアップできれば収入も増えて、取り崩した貯蓄分はすぐに取り戻せるはずです。

すぐにお金は貯まらない!

このように、貯金は目的別に計画を立てると効率よく貯めることができます。

ただ問題は、お金はすぐには貯まらないということです。

試しに計画を立ててみると分かりますが、「車貯金で毎月4万円♪」「結婚資金に毎月2万円♪」「万が一のために毎月1万円」「老後資金で毎月3万円」みたいに考えていくと、この例だけでも1か月に10万円も貯金しなければならず、一人暮らしをしている人にとっては難しい金額になってしまいます。

そこで、優先順位をつけて、計画をブラッシュアップしていきましょう。

たとえば、「結婚すれば家賃や光熱費の負担は減るから、とりあえず今は早く結婚することを目標にしよう!」と考えてみます。

結婚してしまえば、家計にゆとりができるからその他の貯蓄がしっかりできるわけですね。

このように考えた場合、まずは結婚資金を優先的に貯めていきますが、できればその他の貯蓄についても着手しておきます。

たとえば、

・結婚………3万円
・車…………3千円
・万が一…4千円
・老後……3千円

といった具合です。
ほんの数千円でもいいので、他の目的の貯蓄も始めておきます。そうすることで、いざ家計にゆとりができたときにゼロから始めなくても済むので気分的に楽なんです。

「万が一」のためには保険にも加入しておこう!

万が一のために貯めるお金というのは、本当は最優先で貯めておくべきお金ではありますが、
万が一のことが起こらない可能性の方が高いのにお金を貯めるなんて不毛
と感じる人も多いと思います。

そういう人は、ぜひ保険を活用しましょう。

生命保険の魅力は、

契約後すぐに保障が得られる

少ない金額で大きな保障が得られる

この2点です。

まず、貯金の場合は今から始めてもすぐに何百万円も貯まりません。
もし来月にでも病気になればとても困ってしまいます。
生命保険なら、契約してすぐに入院することになったとしても、保障してもらえるんです。

そして、「万が一のこと」というのは起こらない可能性が高いものですから、家計を圧迫してまでお金を貯めるのはバカらしいですよね。
掛け捨ての生命保険なら、支払った保険料は戻ってきませんが、その代わり家計を圧迫しないような保険料で大きな保障が得られるのが特徴です。

たとえば「お金が貯まるまでの10年間だけ」という感じで生命保険に加入するなら、医療保険と定期保険で月々1,500円ぐらいでもOKです。(30歳の女性の場合)

また、生命保険には「個人年金」というものがあり、老後資金を計画的に貯めるにはぴったりです。

資料請求してみたり、無料相談に行ったりして自分に合った保険を調べてみてくださいね。

一人暮らしでもお金は貯められる!

一人暮らしでお金が貯まらないのは、出費が多いからですよね。

日頃ついついムダ遣いをしているところもあると思いますし、人によっては収入に対して家賃が高すぎることもあるので、引越しを考えてみても良いでしょう。

一人暮らしでも、貯めている人は貯めています。
より楽しい生活を送るためにも、ぜひ自分だけのマネープランを考えてみてくださいね!

■当ページ内でご紹介させていただいたサイト
保険市場
ほけんの窓口

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事