掃除

メラミンスポンジのメリット、デメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

綺麗なキッチン

メラミンスポンジの誕生は、掃除の常識を変えるほどのもので、「もうメラミンスポンジは手放せない」という人も多いのではないでしょうか。

メラミンスポンジとは、メラミン樹脂という素材で作られたスポンジのことです。「激落ちくん」と言えば分かりやすいと思います。激落ちくん以外にもさまざまなメーカーから販売されていますし、100円ショップでも手に入ります。

スポンサーリンク

メラミンスポンジの特徴は、「消しゴムのようにスポンジ自体が摩耗していく」ということです。メラミンスポンジは「研磨スポンジ」とも言われ、汚れを削り取るように落とすのが特徴です。

ですから、メラミンスポンジは長く使えるものではなく、消耗品である、と思っておいた方が良いですね。使用していくうちに消しゴムと同じように小さくなっていくので、持てないぐらい小さくなったら捨てる、という使い方になります。

メラミンスポンジで掃除をする方法は、メラミンスポンジを水で濡らして、軽く絞ってから汚れ部分をこすります。

メラミンスポンジはキッチンや洗面所、床などさまざまな場所に使えるものですが、「研磨」するものなので、物によっては傷がついて表面の光沢がなくなる場合があります。不安なときは目立たないところを少しこすって確かめてからの方が良いでしょう。

と言ってもたいていどの部分にも使えます。たとえばキッチンなら、シンクはもちろん、ガスレンジ、壁(タイルもOK)、収納扉などに使えます。食器棚の扉のガラス部分の場合はメラミンスポンジよりも、アクリルたわしやマイクロファイバークロスの方がきれいに拭けると思います。

従来なら雑巾でしつこくごしごしこすらなければ取れなかったような汚れも、メラミンスポンジなら2~3回こするだけできれいになってしまうので、掃除にはなくてはならないものになっています。

他にも冷蔵庫の扉や庫内の汁垂れによる汚れや、洗濯機、エアコン、といった電化製品の汚れにも効果を発揮します。タバコを吸う方はヤニ汚れが気になると思いますが、メラミンスポンジでこすればきれいに取れますよ。

ただ、メラミンスポンジにも欠点があります。

まず、スポンジ自体が摩耗していくものですから、当然消しゴムのような「カス」が発生します。家具の扉など垂直な面を拭くときには、削りかすがポロポロと床に落ちていくので最後に床掃除もしなければなりません。

と言ってもちょっとした汚れをささっと拭く程度ならほとんどカスも出ないのですが、汚れの溜まったところを掃除する場合には、削りかすがたっぷり落ちますので注意しましょう。

また、研磨してきれいにするものなので、手荒れすることがあります。少し使う程度なら素手でも問題ありませんが、家中あちこち掃除するときなどは素手で持っていると肌にも傷がついてしまい、乾燥したり、荒れたりすることがあるので注意してくださいね。

長時間使う場合はゴム手袋で手を保護しておきましょう。

メラミンスポンジは、小さくカットする方が使いやすいです。ビッグサイズのものが売っていますから、それをカットすると良いでしょう。はさみやカッターで簡単に切れますよ。

そして、収納庫にしまい込むのではなく、使う場所ですぐに取り出せるような場所に置いておくのがおすすめです。

キッチンの食器洗剤の横、洗面台のハンドソープの横など、よく使うところに置いておくとスムーズに掃除ができるので、ほんのちょっとの時間できれいな状態を保つことができますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事