スキンケア

【透き通る肌】を作るための美白対策!美容液の選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

646
お肌の曲がり角を曲がったみなさん、こんにちは!

夜更かししよーが
ファーストフード食べよーが
タバコを吸おうが

何のダメージも感じてなかったあの頃とは違って、徐々に肌の衰えを無視できなくなってきていませんか?

20代後半ぐらいから肌のカサつきやくすみを感じ始める人が多いですし、30代に突入するとさらに衰えを感じずにはいられなくなるとかなんとか……!
(そんなわたしはギリギリ20代)

スポンサーリンク

透き通るような肌に憧れはするものの、何から手をつけていいのやら?

美白対策のために外せないポイントと、ぜひ導入すべき美容液についてご紹介しましょう!

美白対策で重視すべきポイントは?

美白成分はハイドロキノンを

美白成分には、いろんな種類がありますよね。ビタミンC誘導体とかアルブチン、トラネキサム酸などなど……。
これらの美白成分は、実はシミやくすみを予防するものであって、できてしまったシミを消すものではないんですよね。

もちろん今後のシミを予防するという意味では有効なのですが、すでに衰えを感じている肌には、ハイドロキノン配合のものがおすすめです。

ハイドロキノンとは漂白作用のある美白成分で、すでにできてしまったシミを、徐々に薄くして消してくれるものです。皮膚科でも処方されるようなものなので、効果はあります!

しっかり肌に浸透するものを

化粧水や美容液は、肌に塗っても浸透しないものがほとんどです。(浸透してるんではなく、ただ蒸発してるっていう……)

浸透力は実際に使ってみないとわからない部分もありますが、浸透しやすいタイプの化粧品もあるので、ぜひそういうものを選びましょう。

肌はなによりも保湿が大事です!!

美白を重視する人も、保湿は十分におこなわなくてはなりません。
美白に気を取られ過ぎると保湿がおろそかになってしまう人がいますが、それでは肌は改善しませんし、それどころかどんどん老化が進んでしまいます……。

保湿成分としては定番のコラーゲンやヒアルロン酸以外にもさまざまな成分がありますが、人によって合う成分は異なるようなので、いろいろ試してみると良いと思いますよ。

筆者的おすすめ「ビーグレン」

筆者が実際に使ってみて肌に合うな~と思ったのがビーグレンです。

と言っても普段ロクにスキンケアをしない筆者なので常用はしてないんですがね♪
(普段は食生活と睡眠に気を付けていればまず大丈夫です。乾燥したときは白色ワセリンやオロナインを塗ります。)

これは知り合いのお姉さんに勧められて、はじめはトライアルセットを申し込んでみました。
美白ケアだと、ローションとCセラム、それからホワイトクリームEXが届きますよ、たしか。(今も一緒のはず)
すると使い心地も良くて、特に肌が不安定になりがちな季節の変わりめなんかは重宝するな~って感じです。

ハイドロキノンの効果についてはすでに十分知っているんですが、これは肌に変な刺激もなく良かった。
わたしの場合は顔だけに使っていてはなかなかなくならないので、贅沢な使い方ではありますが、ヒザとかひじのケアにも使ってますw

個人的にお気に入りのものなので紹介させていただきましたが、気になる人はぜひ試してみてくださいね☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事