引越し体験談

引越し業者に頼むよりも本当に安い?自分で引越しする際の費用を計算してみよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

家計にやさしい!

引越し業者に依頼すると、けっこう費用がかかりますよね。

引越しには何かとお金がかかるものですから、極力引越し費用は抑えたいものです。

節約のために、引越し業者には依頼せずに自力で引越しをしようとしている人も多いかと思います。
でも、本当に安く済むものなのでしょうか?

場合によっては引越し業者に依頼した方が安く済む場合もあるので、しっかり比較しておいてくださいね!

スポンサーリンク

自力で引越しする場合の費用を計算してみよう

引越し業者に依頼しない場合には、どのような費用がかかってくるのかを確認してみましょう。

レンタカー代

一般的な乗用車では、引越しの荷物をすべて運ぶのは不可能です。
ダンボールに入った衣類や雑貨などは運べても、冷蔵庫や洗濯機、ソファなどは難しいですよね。(冷蔵庫は横向けに運ぶと危険です)

そこで、レンタカーを借りる必要があります。
レンタカーと言ってももちろん乗用車ではなく、少なくとも軽トラぐらいは借りなければならないでしょう。
軽トラの場合は、1日借りるとして7,000~8,000円程度になります。

また、雨天でも安心なアルミコンテナ付きの一般的なトラックの場合は、2t車で1日2万円程度になります。

高速道路代

中距離~遠距離の引越しの場合は、高速代もかかってきます。
時間があれば下道でのんびり行っても良いでしょうが、たいていはそこまでの時間はありませんよね。
高速代がいくらになるのかを考えておきましょう。

ガソリン代

ガソリン代は数千円で済むとは思いますが、今はガソリン代が高いのであらかじめ計算に入れておいた方が良いでしょう。

宿泊代

遠距離の引越しの場合、車で引越そうと思えば宿泊を伴う場合もあります。
宿泊代がかかる場合は、手伝ってくれる友人や家族の分も考慮した上で計算しておきましょう。

手伝ってくれた人へのお礼

荷物が少ない場合は一人でもできると思いますが、たいていは友達や家族、親戚や会社の人などに手伝ってもらいますよね。
いくら好意で手伝ってくれるとは言え、謝礼をしないわけにはいきません。

近距離での引越しの場合は夕食をご馳走する程度で済ませる人も多いですが、作業が大変な場合や遠距離になる場合は、少なくとも3,000円程度は準備しておくようにしましょう。もちろん、人数分用意しておいてくださいね。

普通に運べないものの運搬

ピアノやエアコンなどは、普通には運べません。
電子ピアノであれば問題ありませんが、普通のピアノの場合は専門業者に依頼します。
エアコンについては、運ぶこと自体は問題ありませんが、取り外し・取り付けはプロにやってもらう必要があるので、業者を探しておきましょう。

ちなみに、引越し業者に依頼する場合はいずれもオプションで依頼することが可能です。

引越し業者に頼んだ場合はいくらかかる?

引越し見積もりサイトを使って、引越し料金を確認しておきましょう。

「引越し業者に依頼したら高くつく」というのはケースバイケースです。
場合によっては、引越し業者に依頼した方が安くつくケースも多いのです。(筆者も以前失敗したことがあります)

見積もりサイトでは、複数の引越し業者から見積もりを取って比較することができるので、安いところを探すことも可能です。

もし、見積もりの結果、自分で引越しした場合の費用よりも安くつく場合は、迷わず引越し業者に依頼するようにしましょうね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事