スキンケア

ヒリヒリしない!敏感肌×美白を叶える化粧品【Decencia(ディセンシア) サエル】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

肌に、見慣れないシミを発見したとき……。

背筋が凍る思いがしますよね。

でも、敏感肌の場合は化粧品選びには慎重にならざるを得ません……。

わたしも超が付くほどの敏感肌。

サンプルでもらった化粧品はとりあえず試すというチャレンジャーですが、開けた瞬間にアルコール臭がすれば、手に取った化粧水を顔につけずにそのままヒザやヒジに塗ることもしばしば……。笑

また、問題なく使えた気がしていても、翌日にはドカンとニキビが出来てしまったり。

スポンサーリンク

そんな、敏感肌のための化粧品が【Decencia(ディセンシア)】です

Decencia(ディセンシア) サエルは、敏感肌向けの美白系化粧品です。

Decencia(ディセンシア)というブランドは、POLA・オルビスグループが敏感肌向けに開発したブランドです。
個人的にはPOLAのリキッドファンデは好きです。

ディセンシアでは敏感肌向けの化粧品を展開しており、「サエル」はその中の美白ラインになります。

敏感肌の人でも問題ない?

ディセンシアのHPを見れば分かりますが、全成分が表記されているので購入前に確認してから買うことができます。(未だに、全成分を掲載していない化粧品って多く困りますよね……)

ただ、ディセンシアは、最近はやりの無着色!無香料!無添加!みたいな化粧品ではありません。

無添加だから安心っていうのは間違いですからね。

どうして化粧品に添加物が入っているのかと言えば、製品の品質を安定させるためです。
たとえば、防腐剤が一切は一定ない化粧品は傷むのも早いので、早めに使い切る必要があります。生ものと一緒、ってこと。

でも実際にはそんな高速で化粧品を使い切るのは難しいから、化粧品が悪くならないように防腐剤を添加せざるを得ません。

そういう意味では、サエルはパラベンフリーってわけでもないし、「絶対に無添加!!」という人には向かないと思います。

ただ、実際に使用している人からの評価は高く、口コミでも評判が良いのでこれで「肌が荒れた!」ということはほとんどないと思います。

本当に美白できる?

化粧水や美容液などの商品がありますが、有効成分としては、

・化粧水……アスコルビン酸2-グルコシド、グリチルリチン酸2K
・美容液……アルブチン
・クリーム……アスコルビン酸2-グルコシド、グリチルリチン酸2K

このようになっています。

美白を根本的にとらえ、炎症を起こしにくい肌質へと導く化粧品なので、使ってすぐに劇的な変化が感じられるわけではありませんが、地道に使っていくことで徐々に効果を実感できるでしょう。

サエルは日焼け止めミルクも評判が良いので、ラインで使うのがおすすめですよ!
トライアルセットもあるので、まずは使い心地を試してみましょうね♪

■当ページ内でご紹介させていただいたサイト
Decencia(ディセンシア)サエルの公式ホームページはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事