片付け

片付け・断捨離したい人の心得!「家族や他人に強要しないこと」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

断捨離にハマっている人も多いのではないでしょうか?

片づけにハマると、「もっと捨てられるモノはないか?」「散らかっているところがあると気になる!」と、ソワソワしてしまうもの。

キレイに片付いた部屋というのはとても気持ち良く、ハマってしまう人が多いのも当然のことだと言えるでしょう。

でも、断捨離・片づけをしている人、これからしようとしている人は、気を付けるべきことがあります。

スポンサーリンク

家族や他人のモノを勝手に触ってはいけません

断捨離や片づけにハマる人は、家族が散らかしていることが許せないことも多いです。

自分がせっせと片づけをしているのに、おもちゃを出しっぱなしにする子どもにイラッ!小銭をテーブルに置きっぱなしにする夫にイラッ!

分かります~。

でも、ここは絶対に手を出しちゃいけないところです。

片付けあるあると言っても良いぐらいのこの問題なんですけどね。

片付けを強要してはいけない

家族にも自分と同じように片づけをさせようとしてはいけません。
そもそも、自分自身も断捨離とかが流行る前までは、ちゃんと片づけをしていなかったのでは?
「断捨離の本を読んだ」とか「片づけが上手な人のブログを読んだ」とか、何かきっかけがあったからこそ、片づけの大切さに気付いたのだと思います。
そのきっかけを、あなたが強制的に与えることはできないんです。

人が片づけをやる気になるには、自然な形でのきっかけが必要です。
それを強要すれば、相手は余計に片づけに対して拒否反応を示してしまい、逆効果になる方が多いと思っておきましょう。

家族や他人のモノを勝手に片づけない

散らかっているのが気になるからと言って、人のモノを勝手に片づけてはいけませんし、ましてや勝手に捨ててはいけません。

実際には黙って捨てても気づかれないことが多い(だってモノを大切にできていないから)のですが、もちろんバレることもありますし、「バレなければいい」っていう問題でもありませんよね。

また、共用のモノに関しても、勝手に片付けるのはやめましょう。
リビング収納やキッチン収納など共用スペースに関しては、あらかじめ許可を取った上で片づけるなら問題ないと思いますが、モノを捨てる場合は事前に確認した上で捨てることが必要です。

たとえ許可が得られなかったとしても強行突破しようとはせずに、自分のモノだけに集中するようにしましょう。

片付けは、「北風と太陽」と同じです

片づけをするときは、まずは自分のモノだけにしてください。
はっきり言って、自分のモノですら家族から文句を言われたりするものです。
(筆者は子どもの頃から散々言われてます)

でも、自分のモノに関してはとやかく言われる筋合いはないということで、しっかり断捨離しても良いと思います。

また、家族からもらったものや思い出の品を処分する場合はこっそりとおこない、「あれはトランクルームに預けた」とか「友達が使ってくれるから譲った」とか、家族が傷つかないようにウソを言うのも個人的にはアリかな、と思います。

自分のモノをせっせと片づけていると、家族や周りの人にも片づけが伝染することがあります。
これはレアケースではなく、頻繁に起こっている現象のようです。

片付け関連のエッセイやブログなどでもちょこちょこ見かける描写なんですよね。
「片づけしてよ!」と強要するのではなく、一人で黙々と片づけをしていた方が周りが触発されて、自然と片づけをしてくれるようになるんです。

これは、キレイな部屋で生活しているあなたを見て羨ましくなったり、たくさんのモノを処分しているのに不便そうな素ぶりを見せないあなたを見て安心したりして、「わたしもやってみようかな?」という気持ちになってくるのだと思います。

強要しなくても、自分のことに集中していれば自然と周りも巻き込むことになっていくのは間違いありませんから、イライラせずに自分のやるべきことに集中してみてくださいね。

もちろん、それでもダメなときもあります。
そんなときも「まだわたしの片づけが未熟だからだ」と思うようにすれば、周りにイライラすることは減らせると思いますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事