住宅リフォーム

市条工務店で2世帯住宅に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カンタンな自己紹介・プロフィール

41才男、山形県在住。会社員。自分、妻、子供3人、父、母の7人家族。音楽鑑賞やパソコンが趣味ですが、休日は子供と一緒に遊ぶため、なかなか自分の時間がとれませんが、今しかないこの時間を楽しんでいます。

リフォームをした場所

結婚を機に駐車場・物置をリフォームし、2世帯住宅にしました

どこの専門業者にお願いしましたか?

地元産の木材を使ったり、値段も高くなく庶民派な感じで好印象だった市条工務店に御願いしました。

スポンサーリンク

リフォームして良かったと思うこと

風呂も玄関も全てを別々にしたので、父母との生活スタイルの違いを気にする事なく新婚生活を満喫できました。そしてドア1枚で行ったり来たりできるので、急な来客時や病気の時などは、お互い助け合えるのでとても良いと思いました。

リフォームをしてイマイチだったところ

なるべくお金をかけないようにと、必要最低限のスペースでリフォームをしたので、居住スペースが狭くなってしまい、冬や雨の日には洗濯物をリビングに干しています。しかもリビングダイニングなので、生活感がどうしても丸出しになってしまい、友人をあまり呼べません。
子供が生まれてからは、仕事中は母に子供を預けるため母屋で、夜は親が帰ってくるとこっち、と子供のスペースが行ったり来たりするようになりましたが、子供はじじばばに「アレを話したい・コレを見せたい」、親は「せかっく帰って来たんだからこっちに居て」と子供をしばりつけるようになってしまった時期もあり、母屋とこっちを隔てるドアに、幼児用のガード(階段の前につけたりするもの)をつけていました。今思うと、子供にとってはみんな家族だから自由に行ったり来たりして当たり前だし、それが普通なんですが、夜の数時間しか子供と接する事ができない親にしてみれば、子供をとられたような気がしておもしくなかったんですよね。

リフォームにかかった時間と費用はどれぐらい?

リフォームにかかった時間は約3カ月位、200万円位でしてもらいました。

これからリフォームしようと思っている方へのアドバイス

一番気になるのは費用かと思いますが、将来の事をみんなで考える事が大切だと思います。その家に暮らす一人一人に未来があるので、あと5年後、10年後になった時、どういう生活を送っているのかを考えると、「ここはああした方がいいよね」「あっちはこうしよう」といろいろ出て来ると思います。
ただ、大人の未来はある程度予想が出来ますが(足腰が弱くなる・持病の悪化)、子供の未来はなかなか予定通りは行きません。大学に行ったり、県外に就職したり、結婚して嫁いでいったり。いろんな可能性を考えるときりがありませんが、家族みんなで話し合い、コミュニケーションをとりながらリフォームする事が大事だと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事