住宅リフォーム

三井ホームの下請けや知り合いの大工さんに家中リフォームを依頼

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カンタンな自己紹介・プロフィール

大阪府 65歳 男性 無職 

リフォームをした場所

外壁塗装はもちろん、今まで水回りや畳やふすまの張り替え、フローリング、壁紙のやり直し、屋根の葺き替えなどしました。その他にも収納庫を作ったり、雨戸の塗り替えなどもしましたね。一番大々的だったのはキッチンを変えた時ですね。
リフォームしていない部屋はもう一つもないくらいです。

スポンサーリンク

どこの専門業者にお願いしましたか?

三井ホームの家に住んでいるので、主に最初はその下請けに頼んでいたのですが今は直接知り合いの大工さんに頼んでいます。
ものすごく丁寧な仕事をするし、値段が安いので助かっています。

リフォームして良かったと思うこと

とにかく家を取り壊して建て直すのが嫌だったので、リフォームして長く住みたいと思っていました。躯体が丈夫なので大事に住み続けたかったからです。リフォームすればほぼ今は新しい家と見間違うほど綺麗になりましたね。

リフォームをしてイマイチだったところ

個人的に大工さんに頼むと、その人の体は一つなのでなかなか来てくれない時期があったりしました。仕事に関してイマイチなところは全くありませんでしたね。

リフォームにかかった時間と費用はどれぐらい?

時間はもう何回にも分けてしているのでトータルだと半年とかになると思います。費用は家を買った時より多くなっていると思いますね。1500万くらいにはなっていると思います。でも、一括で払うわけでなく、リフォームするたびに支払っているので、そんなに負担は感じなかったですね。

これからリフォームしようと思っている方へのアドバイス

家が古くなったら建て直す、という考えもあると思いますが、そのために引っ越したりまだ使える大事な家の柱を捨ててしまったり、もったいないと思います。中だけを綺麗にリフォームしていけば、いくらでも住み続けられると思いますね。実際同じ値段で家を建てるとしたらまともな家なんて建ちません。そう考えたら、元の家を活かしていくらでも素敵な家に生まれ変わらせることはできます。そう考えると大事な家を壊すなんてせずに、まずは水まわりから最新のものに変えたり、二間続きの和室を一部屋のフローリングにしたりして、全く違う家にしてみるのはどうでしょう。
うちも和室がいくつかありましたが、すべてフローリングにして床に座る生活から椅子の生活へと変えました。寝る時も布団からベッドに変え、とっても体に負担が少なくなりましたね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事