住宅リフォーム

神奈川県の藤木工務店で店舗を住居スペースにリフォーム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カンタンな自己紹介・プロフィール

神奈川県在住、女性です。子供もひとり立ちして家を出て行き、夫婦二人になったのでリフォームをすることにしました。

リフォームをした場所

店舗だったところを住居スペースにリフォームしました。

どこの専門業者にお願いしましたか?

地元の工務店(藤木工務店さん)です。

スポンサーリンク

リフォームして良かったと思うこと

新しい住居を手に入れたことです。
以前商売をやっていたときは、少し離れた自宅から毎日通っていましたが、その自宅は帰って寝るだけの家だったので、リタイヤ後は生活拠点だった店舗の方へ引越したいと思っていました。
お店を閉じて、店舗スペースが空いていたので、遊ばせておくのももったいないし、有効活用できてよかったです。
地元の顔なじみの工務店さんにお願いしたので、予算や仕様など、親身になって相談にのっていただきました。
もともと、1階部分は店舗でしたが、2階から上はマンションになっていたので、その1室に移り住むことも考えていましたが、1階部分をリフォームして住んでみたところ、階段やエレベーターを利用しなくていいので老夫婦には便利でした。
以前の家は古い木造だったのですが、今回は建物自体は鉄筋で断熱を施していただいたので、冬でも暖かくて非常に快適です。

リフォームをしてイマイチだったところ

上階のマンションの配管が壁のすぐ後ろになるので、夜などの静かな時間帯には排水の音が聞こえます。
また、マンションのガス警報機の位置が変えられず、以前の場所(倉庫だったところ)にむき出しになっているのが残念です。

リフォームにかかった時間と費用はどれぐらい?

4ヶ月ほどかかり、費用は2000万円くらいでした。

これからリフォームしようと思っている方へのアドバイス

若いときにちょうどよい家と、年をとってからちょうどよい家には違いがあると思います。
家族構成も、子供が生まれたりひとり立ちしたり、変わっていくものです。
建築技術や素材は年々進化していて、われわれが家を建てた当時とは全く違っていて驚きました。
ちょこちょこと手を入れて、新しい設備を取り入れながら、いつでも快適に住まえる家作りをしていくのが理想的だと思います。

業者さん選びについては、基本的には新築の場合と同じと思いますが、新築のときにお願いした業者さんへ頼むと話が早いようです。我が家の場合も建てていただいた業者にお願いしましたが、当時設計に携わってくれた方がまだいらして、とても話がスムーズでした。
それから、リフォームというと、新築ほどお金をかけない場合がほとんどと思いますが、それでも親身になって相談でき、よい住まい作りをしようとしてくれる業者にお願いするとよいと思います。ときどき、金額が小さいために適当にあしらわれるというケースも耳にしますので、注意が必要です。

また、リフォームの場合は、現在の間取りや設備との整合性や親和性も考えて検討しなければいけませんので、新築以上に気を使う部分があります。
我が家の場合もそうでしたが、時間をかけて家族と話し合いながら計画を進めるとよいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事