お金を借りる

ギャンブル好きと儲け話に乗ったのが原因で自己破産

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カンタンな自己紹介・プロフィール

私は20代後半の男性で、現在、精密機械の販売営業を行っています。

奥さんと二人ぐらしをしています。今回、先日起きた親戚のことについて記述いたします。

スポンサーリンク

多額の借金を抱えることになった理由

親戚が、遊びにお金を使ってしまったことと、親戚の友人に騙されたためです。

親戚はギャンブル好きであったため、競馬や競輪、競艇等お金があればほとんどをつぎ込んでいました。

そのため、月末になると親戚を頼ってお金を借りてきます。その中に私も入っていたため私の所にも来てはお金を貸してほしいと来ます。

そんな中、お金に行き詰ったのか友人から儲け話を聞いた親戚は友人に、消費者金融から借りた分と親戚から借りた分の合計200万円を渡してしまいました。結果として、その友人は姿を消してしまい返済ができない状況になってしまいました。

そのため私を含め、親戚に何とかしてほしいと泣きついてきました。

誰に相談しましたか?

私の兄と親戚の父母に相談しました。その親戚の父母には以前からよくしていただいたり、私が奥さんと暮らすマイホームの分を少し出していただいたりと何かと工面をしてくれました。兄も同じくその親戚の父母には何かとお世話になっていました。そのため、なんとかしようと兄を含め、親戚の父母と今後のことについて1週間以上話し合いました。

当時の思い出いろいろ

親戚の家で乱闘になったことを今でも覚えています。

お金については、親戚の父母も分かっていたようですが借金がここまで膨れ上がっていることは知らなかったようです。

そのため、親戚の父親が怒り、借金をした息子を窓から投げ飛ばしました。

ガラスが割れようとお構いなしです。私と兄はその時、怒り心頭している親戚の父親を止めるのに手を焼きました。

手続きにかかった時間と費用

私や兄の仕事の都合で2ヶ月から3ヶ月近くかかってしまいました。手続きにかかった費用の詳細について、教えていただけませんでしたが私と兄はそれぞれ70万円を出し、合計140万円を親戚の父母に手渡しました。

渡した後、親戚の母親から電話があり、渡したお金について非常にありがたいとお話していました。しかし、このように親戚に迷惑をかけてしまって申し訳ないと親戚の父親が言っていたようです。それを直接伝えられないほど親戚の父親は泣き出してしまい、母親が伝えてきたようです。

良かったと思うこと

早めに行ったため、消費者金融の金利が増えすぎなかったことです。

もしこのまま黙っていたら、金利で恐ろしい金額になっていたと思います。

困ったこと

親戚がしつこくお金を工面してほしいと泣きついてきたことです。まだ自己破産する前に、状況を知らなかった私や兄にたいして、以前は月末だったが急に週に一回になってきました。その時のしつこさは今でも覚えています。

いま借金に悩んでいる方へのアドバイス

もしいらっしゃるのでしたら、早めに自己破産の手続きを行った方が良いでしょう。私の親戚の場合、まだ早かったため消費者金融の金額もそこまで高くなっていませんでしたが、もし遅れれば遅れるほど手遅れになります。

また、現在自己破産後の生活保護も厳しくなってきています。私の親戚も一度申請しましたがはじかれてしまいました。

生活保護の申請等もあると思いますので、早いに越したことはございません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事