お金を借りる

ギャンブル・風俗で借金が膨らみ弁護士事務所の相談会へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カンタンな自己紹介・プロフィール

43歳の会社員、男性です。地元は新潟県ですが、2年前から秋田へ単身赴任をしています。

多額の借金を抱えることになった理由

結婚して5年目から、単身赴任が多くなり、地元にいる時は、会社が終わったら、すぐに家に帰っていたのですが、単身赴任だと、夜に時間が空くことが多く、やることもないので、パチンコや、スロットなどギャンブルに嵌ってしまいました。ギャンブルに勝ったら風俗へ行くようになり、次第に、キャッシングをして、パチンコへ行ったり、風俗へ行くようになってしまい、借金の額が増えました。

1度おまとめローンを利用して、借金をまとめたのですが、おまとめローンで、まとめたローンからも再度借金をしてしまい、結果、おまとめローンを利用する前よりも借金が膨らみ、最大で300万円以上の借金を抱えてしまいました。

スポンサーリンク

誰に相談しましたか?

家族には内緒で借金をしていたので、誰にも相談はできず、インターネットで調べたりして、弁護士事務所で開催している、相談会に参加しました。

当時の思い出いろいろ

最初の頃は、返済は月1万~2万円だったので、特に苦しいことはありませんでしたが、300万円の借金になった頃は、返済費用だけで7万円くらい。給料日に、家にお金を送った後は、返済で全てのお金がなくなってしまう状態でした。まだ、借金の枠がある時は、それで生活していましたが、当然、借金枠も全て使い果たしてしまい、どうすることもできなくなりました。

給料日に、お金がなくなるというのは、本当に、何のために働いているのかわからなくなり、生きる希望すらもてないような状態でした。

手続きにかかった時間と費用

相談に行ってから、家庭裁判所で自己破産宣告を受けて、免責がおりるまで、だいたい半年くらいかかりました。弁護士費用は30万円くらいでした。纏まったお金がないので、毎月6万円の5回払いでの支払いにしてもらいました。

着手してからは、借金の返済はしなくてもいいので、毎月の返済額を弁護士費用として支払いました。

良かったと思うこと

返済しても、ほとんど元金が減らず、少し減ってはまた、その空いた枠で借入を繰り返していたので、全く借金が減らず、仕事の意欲もなくなって自暴自棄になっていました。

自己破産してからは、カードなどが作れなくなったので、全て現金払いになり、今あるお金で、何とかしなければならないという当たり前のことを考えるようになりました。

困ったこと

やはり、自己破産するので、家族に内緒にできなかったことです。妻の親や私の親には話していませんが、妻に借金の額を打ち明けた時の、表情が今でも忘れられません。

いま借金に悩んでいる方へのアドバイス

気軽に借りられるので、ついつい借金がかさんでしまい、最初は、借りるのに罪悪感があったのに、今では、キャッシングは、まるで自分の貯金をおろすような感覚になってるのではないかと思います。

借金は、とにかく返済を始めなければ、なくなりません。

返済というのは、返すだけでなく、借りないということです。

毎月、借金を返済しながら、また借り入れをしているうちは、どんどん破産への道へ近づいて行きます。

とにかく、返せるのか考えてみること。

今の収入でなんとか返せるなら、我慢して返してください。もう二度と借りてはいけません。

考えても返せないとわかったら、少しでも早く、家族に打ち明けて、任意整理や破産の手続をすることをおすすめします。

悩んでいても借金問題は解決しません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事