お金を借りる

事業に失敗して司法書士に相談し任意整理することに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カンタンな自己紹介・プロフィール

38歳の会社員です。住まいは都内のマンションで一人暮らし。仕事はネット関係の仕事をしています。

多額の借金を抱えることになった理由

30歳くらいのときに、友人一同と共同出資して事業に取り組んだんですが、ものの見事に失敗してその後の処理も下手だったこともありまして、総額で、800万円程の借金を背負うことになりました。

スポンサーリンク

誰に相談しましたか?

プライドもあって、誰にも相談出来ずに数年間は、いろいろとやりくりをして返済をしていたのですが、結果処理をしないでの返済は難しかったです。

当時の思い出いろいろ

毎月の手取りが30万円ちょっとというところで、返済額が25万円程ありましたので、まさに自転車操業で食費を削って、遊ぶ金も削ってとにかく貧乏生活でした。

借金を返済するためにより利息の安いとことで借金をして、返済をするということもしてましたし、良く普通のサラリーマン生活をしながらそういう生活が数年続けられたと思います。ただ、実際は生活が出来ていたというよりは、借金を先送りにしていただけで、元本は全くと言って良い程減少してませんでしたので、振り返ると良い思い出はまったくなく、暗い数年間という感じだったと思います。

手続きにかかった時間と費用

司法書士さんに相談をして、最終の手続きが完了したのは、2ヶ月後くらいだと記憶しています。

最初に司法書士さんが仕事をうけてもらってからは手続きが完了するまでは返済がストップしましたので、その期間でて手続きにかかる費用も準備ができましたので、良かったと思います。費用は10万円ちょっとだったと記憶しています。

良かったと思うこと

私の場合は債務の任意整理ということで、負債の利息の支払いを免除してもらい、負債総額を少しだけ圧縮してもらったので返済がとにかく楽になったので助かってます。

具体的には、20万円以上返済していた毎月の返済額が月間で9万円まで圧縮できましたので、とにかく生活が楽になったというか生活が出来るようになりましたし、以前はほとんど返済が利息に回されてましたが、今は全額が元本に返済が充当されますので、見た目にもはっきりと借金の総額が減っていきますので、気持ちとしても返済しようという意欲が強く出てきますので、そこが債務整理をして一番良かったと思えるところです。

困ったこと

実際のとことはほとんどないのですが、今回債務整理をしたことでもうあとがないという状態になってますので、そこが一番困っているところです。実際に先月ちょっと体を壊しまして、2週間程会社を休んだんですが、欠勤扱いにしてしまったので、給料が半分になってしまったために、返済がかなり苦しかったです。

蓄えが出来てないのが辛いところではあります。

いま借金に悩んでいる方へのアドバイス

まあ当たり前ですが、頑張って返済していくのが一番だとは思うのですが、度を超えてしまうとお金のために人生台無しになってしまうということになりますので、そういう場合は是非そうなる前に弁護士さんなり司法書士さんなり専門知識を持っている人に相談するのをお勧めします。

ケースバイケースではありますが、悩みが意外とすぐに解消してしまう可能性もあるので、是非相談を検討してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事