お金を借りる

母の借金の肩代わりで自己破産することに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カンタンな自己紹介・プロフィール

宮崎県に住み、5人家族の次男として生まれました。私が自己破産をしすることになったのは、上京し、24歳になった時でした。将来は自分の美容室を経営しようと美容師のアシスタントとして生活していた時でした。

多額の借金を抱えることになった理由

私が多額の借金を抱えることになった理由は、自分自身の生活費などの足しではなく、実家にいる母親に頼まれ借金の肩代わりをすることになった為です。実家に住んでいる頃から、裕福ではないということは分かっていましたが、まさか母親に多額の借金があり、それを肩代わりすることになるとは思ってもいませんでした。

スポンサーリンク

誰に相談しましたか?

友人や知人に相談しようと思ったこともありますが、やはりお金の問題ということもあり、家族の深刻な状況を伝えることができず、同情の目で見られてしまうのではないかなど…負い目に感じてしまいとても相談できませんでした。

始めは勇気が出なかったのですが、相談する相手もいない状況で、どうしてもこの借金を整理したいと、意を決して弁護士に相談することにしました。

当時の思い出いろいろ

自己破産という言葉が始めは非常に怖く、弁護士事務所に足を運ぶことすらとても怖かったというのが当時の正直な感想です。追いつめられ、どうにか借金から逃げれないかなど弱い心に支配されそうにもなりました。

でも逃げてもいつか生きてる限り、向き合わなければいけない問題だと悟り、弁護士事務所に行く決心をし、勇気を持ってこの問題と向き合いました。

弁護士に相談をすると、真摯に話を聞いて下さり、最も良い解決方法として自己破産を提案して頂きました。

始めは怖いと思っていた破産も、弁護士の方に相談することで、人生をやり直せると勇気が沸き、全てを受け入れる覚悟をしました。

どのような状況でもやはり覚悟を決め乗り越えることができるんだと実感することができました。

今思えば、あの時勇気を出して相談していなければ、長い間悩んでいたのではないかと想像でき、少しでも早い段階で解決へと向かっていけたことを良かったと心から安堵しています。

手続きにかかった時間と費用

当時弁護士に相談した時は、美容師のアシスタントということで給料も安く破産にはトータルで約30万程度必要ということでしたが、貯金もありませんでした。ですが、弁護士の方が法テラスという機関を紹介してくれ、弁護士費用を立て替えて頂き、月々5000円ずつお支払いするということで、弁護士費用の問題をクリアすることができました。

免責がおりるまでに掛かった時間は5ヶ月程度でしたが、自分自身がやらなければいけないことなどを的確にまとめて頂いたおかげで、スムーズにことが運び、あっという間の解決に感じました。

良かったと思うこと

あの時、この問題から逃げてしまえば、本当に長い期間一人で苦しんでいました。自分自身の借金のこと、どう解決すればいいのかということを、本当に逃げずに真剣に考え、行動したことで、借金の問題を整理することができ、安心できる生活をすることができたことが本当に良かったと思っています。

困ったこと

困ったことといえば、破産者はローンが組めない、クレジットカードを持てないなどありましたが、その他で生活に支障がでることはなく、安心して人生を再設計することができました。

いま借金に悩んでいる方へのアドバイス

借金の問題で本当に大勢の人が悩んでいると思います。ですが、決して諦めたり、逃げたりしないで下さい。借金で命を絶つなど絶対にしないでください。誰にも相談できない問題かもしれません。でも、世の中には弁護士という借金の問題を解決してくれるプロの方がちゃんといます。

自分自身の借金に向き合い、恐れず勇気をもって解決へと歩んでいけば、きっと人生はやり直せます。

勇気を出すには、全てを受け入れる覚悟を持ち、一歩ずつ踏み出し行動することです。

解決し、人生はやり直せるということを忘れずに向かい合ってみて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事