節約

残り湯で洗濯は、大丈夫なの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

334

節約のために、お風呂の残り湯で洗濯する、という方法がありますよね。でも、家族みんなが使ったあとの残り湯なんて、雑菌だらけで汚いんじゃないの?と心配して抵抗がある人も多いようです。

お風呂の残り湯を使えば節約になることは分かっていても、迷ってしまいますよね。結論から言うと、お風呂の残り湯を洗濯に使っても、洗濯物はきれいになります。

スポンサーリンク

たしかに、残り湯に雑菌がいないわけではありません。ただその量は洗濯洗剤を入れて、すすぎを水ですれば問題ないレベルです。

むしろ、きれいな水を使うよりも、残り湯の方が汚れはよく落ちると言われています。(LION調べ)

というのも、食器をお湯で洗った方が簡単にきれいになるのと同じで、衣類についた皮脂汚れなども、温度の高いお湯の方が汚れが溶けやすくなるんです。洗濯洗剤に含まれる酵素も、お湯の方が活性が増すので、洗浄効果が高まります。

それに、お風呂のお湯だけでなく、わたしたちはあらゆる雑菌に囲まれて生活しているものです。キッチンにも、トイレにもリビングの中にも、もちろん、人間の肌にも、雑菌はたくさんいます。

それらをすべて除菌するというのは不可能なことで、きちんと掃除をして普通に生活している限りは問題が起こるようなことではありません。むしろ、雑菌の少ない環境にいる方が、免疫力が下がり、アレルギーなどを起こしやすいとも言われていますよね。

そこで、ここでは、残り湯を使った洗濯方法を紹介しましょう。

洗濯に残り湯を使うと言っても、すべての行程に使うわけではなく、「洗い」の行程のみに使用し、「すすぎ」は水でおこないましょう。

まず、残り湯を洗濯に使うためには、お湯をなるべく汚さない、ということに気をつける必要があります。

体を洗う前に、すぐに浴槽にザバーンと入ってしまう人は、必ず体を洗ってから浸かるようにしてくださいね。そして、髪の毛やゴミなどが浮いていれば、こまめに取り除いておくことです。

それから、残り湯はなるべく早めに使いましょう。時間が経てば経つほど、雑菌は増えて行きます。できれば、お風呂が終わってすぐのお湯を使うのが良いですね。その方がお湯の温度も高いので、洗浄効果が高まりますよ。

家族全員がお風呂に入ったあとすぐに洗濯をして、部屋干ししておけば翌朝には乾いていることもありますし、乾いていなければ外に干しておけば良いですね。

さて、残り湯を洗濯機に入れるには、どうすれば良いのでしょうか?最近の洗濯機には、残り湯で洗濯できるモードがついているものもあります。その場合は付属のホースを洗濯機に付けて、ホースの先を浴槽に入れれば勝手に洗濯機がしてくれます。

でも、少し古い洗濯機などではそんな機能はついておらず、やり方が分からない、という人もいますよね。残り湯モードのない洗濯機で残り湯を使う場合は、手動でおこなうことになります。

まずは洗濯機の電源を入れて、洗濯をスタートさせます。このとき洗濯機の蛇口は閉めておきます。そのままバケツなどでお湯をくみ取って、洗濯機にうつしていきます。洗濯機は重量によって水の量を把握しているので、一定量溜まった時点で「ピー」と音が鳴ると思います。

そしたら一時停止を押して、洗剤と洗濯物を入れて、フタを閉めたら再度「スタート」ボタンを押します。
その後、洗濯機の蛇口は開けておいてくださいね。

カンタンなのは、専用のポンプ付きのホースを使うことです。これならバケツでせっせとくみ取る必要はなくなります。専用ポンプは2千円程度で買えますし、毎日のことですから、ポンプの使用をおすすめします。もし、ダイエットをされているのであれば、バケツの方が運動量が増えるのでいいかもしれませんね。

お湯を使うとなれば、「洗濯石鹸」の利用もできるようになります。環境を考えて、もしくは肌が弱く合成洗剤を使いたくない、という人は、洗濯石鹸を使用してみたい人もいるのではないでしょうか?

でも洗濯石鹸は、合成洗剤のように溶けやすく作られておらず、水ではなかなか溶けてくれません。でも残り湯を使うようになれば、ちゃんと溶けてくれますから、わざわざお湯を用意しなくても、洗濯石鹸での洗濯ができますよ。

その際は、空の洗濯機にお湯をためてから、洗濯石鹸を投入し、1~2分撹拌させます。すると洗濯石鹸が溶けて泡立ってくるので、そこで一時停止し、洗濯物を入れて、スタートすれば洗濯できますよ。

ちなみに、朝に洗濯したい、という人でも、残り湯は使えます。翌朝の残り湯でも温度は水よりも高いですし、汚れ落ちも良いです。ただ、一晩おいていると雑菌は繁殖しているので、もし、洗濯に使ってみてニオイが気になるような場合は、「ワイドハイター」などの酸素系漂白剤を入れて洗濯すると解決するでしょう。

朝洗濯する場合は、外に干しますから日光消毒もできますし、ニオイは気になりにくいのではないでしょうか。

ただし、高齢者や新生児がいる家庭の場合は、残り湯での洗濯は避けた方が良いと言われています。というのも、抵抗力の弱い人の場合は、少しの雑菌でも影響を受けることがあるためです。

その場合は、高齢者・新生児の洗濯だけは水を使うようにすると良いですね。

残り湯を選択に使うと、年間で2万リットルの水を節水できることが分かっていて、金額にすると5千円程度の節約になります。節約のためにも、環境のためにも、残り湯を活用して洗濯してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事