家具購入の体験談

イームズチェア(DSW)はレプリカでも存在感があります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おしゃれな部屋にするため、デザイナーズ家具を購入することに

私は、インテリアを充実させるのに、家具を購入したり自分で作ってみたりということをよくします。

今回紹介したいのは、イームズチェア(DSW)です。色は、無難な色ではありますがブラックです。

デザイナーズ家具として有名なイームズですが、私が購入したのはオリジナルのものではなくレプリカのものだったので、数年前に購入した時は10000円弱で購入できました。

スポンサーリンク

購入したのは、大学に入って一人暮らしを始めた頃です。一人暮らしを始めることになり、すべてリセットして一から自分の部屋をコーディネートできる機会を得たため、購入しました。

雑誌やなんかで紹介されているようなおしゃれな部屋にしてみたくて、デザイナーズ家具を買ってみたいと考えたのです。

ただ、一人暮らしをしていくのでこれから何かと物入りになるため、そこまで資金に余裕があるわけではありません。

その結果、購入できたのは高いオリジナルではなく、安価なレプリカだったというわけです。

購入したのは楽天市場です。近くに大きな家具屋さんがなく取り扱っていなかったため、ネット通販を利用することにしました。

クッションがないため、長時間座るのは少し辛いです

これは、レプリカとは言え存在感があります。他の家具がそこまで高いものではないこともあって、良いアクセントになってくれています。

勉強机のイスとして使っていましたが、クッションがないので長時間座っているのが少し辛く、クッションは購入することになりました。

ですが、それ以外の座り心地はとても良く、リラックスして座っていることができます。

これはレプリカなので、オリジナルには敵わないなと思うところは多々あります。シート部分の質感ですとか、フォルムの美しさという点についてはオリジナルには及ばないように感じます。

このチェアに限った話ではありませんが、ネット通販が広まってからというもの、日本のデフレはさらに進んでいき、家具がとても安価で買える世の中になりました。

しかし、地球環境のことを考えれば、家具については「安いから簡単に買い替えられる」という考え方を持ってはいけないと私は思います。

私はこのチェアを10年近く使い続けています。レプリカではありますが満足度が高く、結構気に入っているのです。

安いかどうかという点で家具を購入するかどうかを決めるというのももちろん大事ですが、長くお世話になるものなのですから、やはり『愛着を持てるか』『気に入るか』というのが一番大切になると思います。

家具については、価格で妥協をせず、自分の気に入った一品を購入するようにして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事