資格

大分県中津市の県立工科短期大学校・制御技術科

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カンタンな自己紹介・プロフィール

27歳・男・独身
職業:機械設計業(自動車部品設計業)
居住地:愛知県
出身地:大分県

どこの専門学校へ通っていましたか?

大分県立工科短期大学校・制御技術科・大分県中津市

専門学校へ通おうと思った理由

工業高校で習っていた電気系の知識をさらに深めたかった。
機械制御系の職種に就きたかったので、その科目が学べる学校であったため。
就職率が高く、希望の職種に就くことができそうだったため。
卒業後の就職先が地元の企業が多かったため。

専門学校へ通って良かったこと

設立して数年の校舎で、設備も新しく実習機も性能の高い新しい機種の物が多く、快適に学校生活を送ることができた。
卒業後すぐに職場の即戦力になれるよう、実務で使う知識や手法、解析方法などを重点的に学ぶことができた。
講師は企業に長年勤めていた実務経験者の方ばかりだったので、実務でどのような知識やスキルが必要なのかを講義を通して学ぶことができた。
入学時に購入したテキスト類は就職後も手放せないような、実務で使えるものが選ばれていたこと。
工業高校卒者にも分かりやすいよう、基礎から再学習できたこと。
地元企業から強い信頼を得ている学校で、就職には有利であった。
企業に就職されているOBの方に就職後の話を聞ける場があったこと。

専門学校へ通ってイマイチだったこと

滑り止め的な位置づけの学校でもあり、やる気のない学生が少なからずいたのは残念な点。
交通の便があまり良くなく、駅からも自転車が必要な距離に立地されていたこと。
たくさんの科目が学べるが、広く浅くといった教育方法で実際に就職後に学ばないといけないことが多い。
英会話の授業はかなり手抜きな感じ。体育をするなら英会話の授業回数を増やして欲しかった。
現在はどうなのか分からないが、あまり人の集まらない学園祭をする必要はないと思う。準備にもかなりの時間を割いていたので、その分は専門科目の教育の時間にした方がいいと思った。

通った期間と費用について

通った期間:2004年4月~2006年3月
費用:120万ほど

特に思い出に残っていること

工業高校卒だったので、数学など普通科出身の人に知識が劣っていたので、1年目の夏休みは毎日学校へ行って、同じ工業高校卒の人と勉強していた。
旋盤を使う実習で、鋳物の円柱から寸法出しをする作業をしていて、操作を間違えてバイト(刃物のこと)を折ってしまい、学校と講師の方へ謝罪文を書いたこと。
卒業研究ではモータの制御盤の製作をしていたが、制御回路などほとんど知識のないところからのスタートだったので、毎日夜遅くまで講師の方に教わりながら回路設計をしていたこと。

これから専門学校へ通おうと思っている方へアドバイス

将来モノづくりの携わりたいと思っている人にはおすすめの学校。
校舎も新しく、設備・実習機も十分に揃っているので快適に学べます。
特に地元就職希望なら就職先は地元の大手企業が多いのでおすすめ。
成績順で就職先を選べるので、しっかり勉強して成績を残せば大手企業へ学校の推薦付きで就職試験を受けられます。
設計職・技術職どちらにも対応した教育システムなので、自分がどちらに向いているのかは入学後にじっくり考えられます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事