お部屋探し

予想以上にかかります!「賃貸契約で必要なお金」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

引越しってお金がかかりますよね。

やり方次第では出費は抑えられるものなのですが、それでもやっぱりけっこうかかるな~と、毎回思います。
わたしは引越し経験は多い方ですが、それでも未だに予算オーバーしなかったことはありません笑

では、一体何にお金がかかってしまうのでしょうか?
賃貸契約にかかる費用のうち、特に「想定外の費用」としてかかりがちなものを紹介しましょう!

スポンサーリンク

不動産業者が請求してくる謎の費用

賃貸物件の契約をするときにかかるお金は、主にこのようなものです。

・敷金(保証金)、礼金
・仲介手数料(家賃の半額+消費税)
・前家賃
・日割り家賃(月の途中から住む場合)
・火災保険料

でもこれ以外にかかってくるお金も物件によってはあります。

保証料

通常、賃貸契約をするときには連帯保証人を立てますが、最近は保証人不要の物件も多いです。
その代わりに、保証会社に登録するのです。保証会社とは、万が一借主が家賃を滞納したり夜逃げ(!)したりした場合にその損害を貸主に対して補償してくれる会社で、借主は保証料を支払うことになります。

親族がおらず保証人が立てられない人にとってはありがたいものですが、連帯保証人を立てられるのに、「この物件は保証会社への登録が必須です」なんていうこともあり、ムダだな~と思いつつも契約することになってしまいます。

鍵交換料

賃貸物件の場合は、前の住人と同じ鍵を使うのってちょっと……って思いますよね。
前の住人が悪い人で、合い鍵を隠し持ったまま転居し、自分の入居後に空き巣に……なんていう可能性はゼロではありません。

ということで、普通は鍵を交換するものなのですが、その費用を借主が負担するケースは多いです。
費用は2~3万円で、地味に痛い出費となります。

サポート制度への加入

住民の暮らしをサポートする、不動産会社のサービスがあります。

水道トラブルや鍵の紛失などの緊急時に駆けつけてくれたりするありがたいサービスではあるのですが、このサービスへの加入が必須になっているような物件もあります。
加入していれば安心なので保険のようなものですが、強制されるとちょっと萎えちゃう。

カード会社への強制登録

家賃の支払い方法が、不動産会社指定の信販会社、ということもあります。
その会社へ登録して、そのカードから家賃が引き落とされる、という仕組みです。が、この場合、はじめの登録料がかかったり、毎月の引落にも手数料がかかることがあるので要注意です。

他にもいろいろあるかも?

たとえば、「契約一時金」という謎の費用を請求されることもあります。しかも、けっこうな金額を……。

これはわたしも何度か見たことがありますが、要は「礼金」です。
礼金ゼロの物件だと思ったのに!はじめから「礼金」って書いてよ!

と若干の怒りを覚えることになります。

このように、賃貸契約には本当にこまごまとお金がかかってきます。
一つひとつは少ない金額でも、総額にするとかなり高額になることもあるので、契約を決めるためにきちんと見積もりを出してもらうようにしてくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事