資格

大阪市にあったコンピュータ日本学院

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カンタンな自己紹介・プロフィール

現在40代前半の女性、派遣社員として某大手企業で入力業務中心の事務をやっています。
現在は奈良県在住、専門学校に通っていた当時は大阪府豊中市(千里中央近辺)に住んでいました。

どこの専門学校へ通っていましたか?

大阪市にあった『コンピュータ日本学院』に通いました。
JR新大阪駅前にありましたが校名変更や経営母体の変更などを経て
数年前に廃校になったそうですが現在も建物は残っている様です。

スポンサーリンク

専門学校へ通おうと思った理由

高校卒業してすぐ就職した両親から高卒で就職するのは大学卒業者より色んな面で不利だと自分達が感じたので
大学、短大などへ進んでから就職した方が良いと言われたものの特に学びたい学科がなく、
今後はコンピューターを使う資格や仕事が有利なのではと思い大学、短大よりも就職に役立つ勉強が出来そうな
コンピューター系の専門学校への進学を考えました。
この学校は当時住んでいた街から電車で15分足らずで通える新大阪駅近くにあった事、
よくテレビやラジオでCMを見聞きしていて馴染みのある学校だった事で受験を決めました。

専門学校へ通って良かったこと

高校が女子高で独特の世界で過ごしていたのがクラスに女子は5,6人という環境になり
女子高で3年間過ごして忘れかけていた男性・女性の隔てなく付き合うという
ごく基本的な事を思い出せた事、
高校と違い様々な地域から集まった(外国からの留学生もいた)世代も様々な人達と
関わりあえる事が出来て世界が一気に広がった事は収穫でした。

専門学校へ通ってイマイチだったこと

元々プログラミングが身に付いていて授業の合間に学校の端末を使って
簡単なゲームなどを自作出来る様な子と私の様なほぼ予備知識無しで入学した子が
最初から同じクラスで学ぶ事になりかなり習熟度に差が出来てしまって
私はだんだんついていけなくなってしまった事。
コンピューターのプログラミングの言語などの勉強に加えて
簿記など苦手な分野もみんなに追いつけないまま授業が進んでしまいかなり困りました。
入力などをメインにやりたいと思っていたので入学後に『何か違う』と思ってしまい
学校に行く事自体がしんどくなってきてしまった事。

通った期間と費用について

本当は2年間のコースでしたが先に書いた様にどんどん勉強が遅れてしまった事に加えて
弟が私立の高校に入学、全国レベルの部活に入り寮で暮らす事になり、
一度に2人を私学に通わせる金銭的余裕が無かったので私は1年で退学する事になりました。
入学金は当時で17万円程、通っていた1年間の学費で80万円~100万円位だったと思います。

特に思い出に残っていること

女子高からの入学だったのが今度はクラスが男子ばっかりで
入学したての頃はちょっとこの教室居づらいと思いました(笑)。
しかし趣味や性格でかっちりグループに分かれていた女子高とは違い、
専門学校では少ない女子達はみんな趣味も個性も違っていたけど仲良く出来て
それまで自分と趣味の合わない子は受け付けない、というタイプだった私も
少し自分を変える事が出来たと思います。
この時の経験は小さな出来事ですが社会に出ても役に立っていると感じています。

これから専門学校へ通おうと思っている方へアドバイス

正直、中学や高校までと違い専門学校はサボりやすいです。
授業は高校までの様に朝から2時限(1時限80分位)、夕方まで4時間程ありましたが
お昼までで自主的に帰ってしまう人もいました。
私も授業についていけなくなってから同じ様に帰ってしまった事がありました。
大学生の様な感覚で今日は自主休講、なんて言いながら過ごしていると
更についていけず学校自体から足が遠のいてしまうかもしれません。
当時私のクラスの子でも地方から出てきて入学したのに
気付いたら学校に来なくなった子も数人居ました。
学費や生活費を親が出すか自分で工面するか、人それぞれかと思いますが
後々まで『ムダにお金を使ってしまった』と思わない様に
通えるならばきちんと最後まで通ってほしいと思います。
私は退学後工場のアルバイトから始めて事務職へシフトして
派遣で長く端末操作の仕事を続けていますが、
もう少し長くあの学校でプログラミング言語などを習っていれば
それが使える別の仕事も出来たのにな、と思う事があります。
1年間分の学費も親に出してもらったのに申し訳なかったなと
20年以上過ぎた今でも思っています。

これから進学で専門学校入学を考えている人には
何を『専門』に学んで仕事にするか、じっくり考えて学校選びをして欲しいなと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事