資格

群馬県の前橋医療福祉専門学校介護福祉学科

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カンタンな自己紹介・プロフィール

40歳、女性、パート(介護職)、夫、子どもと私の3人家族、 群馬県在住

どこの専門学校へ通っていましたか?

前橋医療福祉専門学校、介護福祉学科、群馬県前橋市

スポンサーリンク

専門学校へ通おうと思った理由

保育士として働いていたのですが、将来的なことを考えると児童福祉の分野である保育士よりも、老人福祉の分野である
介護福祉士の資格を取得していた方が、需要もあると思ったことが最大の理由です。

また、私の中では福祉職であれば子どもでも老人でもこだわりがなく、ずっと続けて行きたいと思える職種が
福祉系のものでした。

結婚をして子どもが小さいうちは家庭に入っていたいという気持ちがあったのですが、一度仕事を離れてしまうと
なかなか再就職先を探すことが難しいですが、介護の分野であればすぐに仕事が見つかるのではないかと
思いました。

専門学校へ通って良かったこと

一度社会に出てから専門学校へ通うことを決めたわけですが、私以外はみんな高校を卒業したばかりの子達で、年齢があまりにも違いすぎて会話もかみ合わず、友達なんて出来ないのではないかと思っていた部分があったのですが、
いざ入学してみると、私よりも年上の40代、50代のクラスメイトがおり、心強さを感じました。

そうはいっても、クラスの過半数は高校を卒業したての子だったのですが、その子達との年齢の隔たりも全く感じず、
友達もたくさんできて、楽しい専門学校生活を送ることができました。

専門学校へ通ってイマイチだったこと

介護福祉士という特殊な学科だったせいか、志の低い生徒がほとんどおらず、みんな介護福祉士になろうという
気持ちが強い子ばかりで、授業をさぼるような生徒もほとんどいなかったため、イマイチだなと感じたことはほとんどありませんでした。

実習期間が多く、老人ホームや障碍者施設へ行く必要があったのですが、それが精神的にも肉体的にもとても
辛かったです。また、ボランティア活動も数多くこなす必要があったので、それも大変でした。

しかし、介護の仕事は机上のもの以上に実践が重要なため、実習はとても大切なことであると思います。

あまり授業に熱心ではない先生もおりましたが、私の担任をしてくれた先生は、とても親身になって生徒のことを
考えてくれる先生だったので、とても良い専門学校生活を送ることが出来ました。

通った期間と費用について

入学金や授業料など、年間約100万円がかかります。
2年間で卒業なので、トータルで約200万円かかりました。
奨学金制度も充実しています。

特に思い出に残っていること

特に記憶に残っていることは、スポーツ大会です。
大会の数か月前から、昼休みを利用してみんなでバレーの練習に明け暮れました。
他学科、そしてクラス対抗でバレーボール大会を行ったのですが、かなり白熱し、夢中になってボールを
追いかけました。
年甲斐もなく、かなり頑張ってしまった記憶があります。

これから専門学校へ通おうと思っている方へアドバイス

一度社会に出てから、もう一度勉強をし直したいと思う方もいると思います。
その時に、年齢の壁を感じて躊躇してしまう方も多いかと思いますが、年齢を気にして諦めるのはとても
もったいないことだと思います。

もし、本当にやりたいと思うことであれば、思った時がチャンスだと思うので、是非始めることをお勧めします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事