お部屋探し

こんなはずじゃなかった!キッチン関連で見落としがちなポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お部屋探しをするときに、キッチンまでしっかりチェックしていますか?

キッチンはパッと見でキレイなカンジでそこそこの広さがあることを確認したら、それで満足してしまっている人も多いのではないでしょうか?

でも、キッチンでチェックすべきなのはそれだけではありません。

キッチン関連で見落としがちなポイント

キッチンのような水周りは、しっかりチェックしておかないとかなり使い勝手が悪いものもあるので、念入りにチェックしておきたいところです。

調理台が小さい!

ファミリー向けの物件でも、ハイツやアパートの場合はキッチンが小さいことが多いです。

特に、調理台の小ささは困ります。
まな板を置いたり、調理する食材を置いておいたりするための調理台ですが、人によっては調味料を置いたりもしたいはず。

物件の内見に行くと、当然キッチンにも何も置かれていませんから広く見えるものです。でもモノを置くと一気に狭くなる可能性もありますから、できればサイズを計るようにしましょう。

一番良いのは、今住んでいる家のキッチンサイズを計っておくことです。
そうすれば今のキッチンと比較することができるので、モノがなくて広く見えるキッチンが本当に広いのかどうかが分かります。

吊り棚が高すぎる!

キッチンの上には吊り棚収納があるものですが、高さは適正でしょうか?
高すぎる収納だと届きにくいですし、いちいち踏み台を使わなくてはなりません。

もしくは、収納がほとんどない場合もあります。
キッチンはいろいろと収納しておきたいものがありますから、最低限今持っているものがすべて納まるかどうかも検討してみてくださいね。

炊飯器とか置くところが無い!

単身向けのマンションなどではありがちですが、炊飯器やオーブンレンジを置く場所が無いということもあります。

炊飯器やオーブンレンジはまさか床に直置きすることはないと思いますので、レンジラックなどを使って置きますよね。
でも、そのラックを置く場所がない物件もあるんです。

1Kなどの単身向けの物件では、廊下にキッチンがあるので多くの場合では部屋に冷蔵庫や炊飯器を置いている人も多いです。
そうなると部屋がそれだけ狭くなりますから、それも計算した上で物件を選ぶようにしましょう。

またファミリー向けの物件でも、調理台から離れたところにしかラックを置く場所がない、なんていうケースもあります。
キッチンには食器棚や冷蔵庫など大型の家具・家電を置かなければならないので、すべての調理器具などがキッチン周りに納まるかどうかを確認しておきたいですね。

調理台が低すぎる!

調理台の高さは、実は種類があります。
古いアパートなどの場合はキッチン自体も古く、調理台が低いものが多いです。
調理台は女性の身長に合わせて設置されていることが多く、特に長身の男性にとっては辛い高さのものもあります。
女性の場合は80~85cm、男性の場合は85~90cm程度だと使いやすいと思います。

たかが高さと思われるかもしれませんが、食器洗いのときなどは10分程度はキッチンに立つことになりますし、その間ずっと腰を曲げているような状態が続くとかなり腰に負担がかかり、それによって腰痛を発症してしまう人もいるほどです。
簡単に交換できるものでもありませんから、入居前にチェックしておいてくださいね。

※身長が低い女性の場合は、調理台が高いと感じても踏み台を使ったり厚みのあるスリッパを履くことで解決できることが多いです。

料理が好きな人は特に念入りにチェックしよう!

滅多に料理をしない人であればそこまで気にしなくても良いのかもしれませんが、毎日料理をする主婦の方や、料理が好きな人の場合は念入りにチェックしておいてくださいね。

キッチンに関しては、普段もっとも料理をする人の意見を優先して、家族で相談するようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事