結婚式準備の体験談

貯金ゼロのカップルが結婚式を挙げることはできる!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

結婚するにはお金がかかる!

みなさんそう思っていますよね。

ゼクシイによると、結婚式にかかるお金の平均は

343.8万円

だそうです。
しかもこれ、挙式と披露宴の費用のみで、新居にかかる費用や新婚旅行にかかる費用などは入ってないんです……!

では、貯金がゼロのカップルはこれから必死でお金を貯めるまで、結婚できないんでしょうか?
ここでは、貯金ゼロのカップルが結婚する方法を紹介しましょう。

今から頑張って貯める

今は貯金ゼロでも、がんばって貯めればそれなりの金額にはなります。

多くのカップルは、結婚式の1年ぐらい前に式場の予約をしています。
ということは、今から結婚式場を予約したとしても、結婚式を挙げるのは1年後。
1年間でどれぐらい貯められるかを計算してみましょう。

たとえば、二人とも実家暮らしの場合、心を入れ替えて貯金に励めば給料の大半を貯蓄にまわすことが可能です。
毎月10万円ずつ貯めれば1年間で120万円。二人合わせて240万円になります。

もし、男性が15万円、女性が10万円ずつ貯めることができれば、1年間で300万円になります。

結婚式に343.8万円かかると言っても、実際にはご祝儀で返ってくる分もあるので、自己負担は100万円程度が平均です。
300万円貯めることができれば、結婚式と披露宴に100万円、残りは新居の費用や新婚費用に充てることもできますね。

式場への支払いは当日までに済ませるのが一般的ですが、後払いOKのところも増えています。
また、足りない分は一時的にブライダルローンなどを利用して、ご祝儀を受け取ってから一括返済する、という方法もありますよ。

ただし、貯金が全然ないのにブライダルローンを使って結婚式をするのはおすすめしません。結婚式は、長い結婚生活の始まりにすぎませんから、結婚生活が始まってから家計が苦しくなるような資金計画は避けましょう。

新居費用を抑える

新居にかかる費用も膨大です。家具・家電を一から揃えると100万円では足りないぐらいです。
そこで、すでに持っている家具・家電をフル活用したり、とりあえずは小さめのハイツなどで生活するなどして費用を抑えるというのも大切ですね。

新婚旅行を延期する

一般的には、結婚式が終わったらすぐに新婚旅行に行きますが、すぐに行く必要はありません。

結婚式が終わってからまた改めて貯金をして、新婚旅行費を準備するのも良いですよ。

挙式だけにする

結婚式でお金がかかるのは、披露宴です。

挙式自体には何百万円もかかるわけではありません。
挙式だけの場合はせいぜい50万円もあればできるはずですよ。

結婚式がどうしてもしたなら、婚約前からお金を貯めよう!

既に婚約したカップルで貯金がゼロだと、どうしても一般的な結婚式がしたいなら今からがんばってお金を貯めなくてはなりません。

まだ婚約はしていない、プロポーズの気配はない、という人の場合は、ぜひ今からでもお金を貯めましょう。
結婚資金だけでなく、結婚生活にもお金はかかります。
今から貯め体質になっておくと、今後が楽になりますよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事