結婚式準備の体験談

結婚式にお金をかけすぎると結婚後に不幸になってしまうかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

結婚式は、女性にとってはあこがれのものですよね!

しかも、ゼクシイとか見てたらいろんな素敵な結婚式が載っていたりして夢は膨らむ一方!

ウェディングドレスはオーダーにしようかな♪

料理はランクアップしなきゃ♪

とかいろいろ考えているうちに、みるみる見積額が膨らんで、隣に座っている彼氏の顔はどんどん暗くなっていきます……。
(彼氏の方が浮かれちゃってる場合もあります)

スポンサーリンク

結婚式にどこまでお金をかけるのかを決めておこう!

結婚式は、一生に一度のことだからという殺し文句により費用が吊り上っていく恐ろしいイベントです。
まずはそのことを肝に銘じておきましょう。

あんまり安っぽいのはイヤ!って思うのは当然ですが、お金をかけたからと言って良い結婚式になるわけではありません。

プランナーは「一生に一度のことですからね♪」とどんどんグレードアップさせようとしてきますが、お金には限りがあるのですから言われるがままに受け入れてはいけないのです。

キリッと「ここはいらないです!」と言える勇気も持ちましょう。

結婚後に「すっからかん!」は避けよう

結婚式にはお金がかかりますが、大切なのは結婚式よりも、その後の結婚生活です。

結婚生活、しかも新婚の結婚生活が、ご飯とふりかけだけでは寂しすぎます。

ご祝儀をアテにして豪華な結婚式を挙げる人もいますが、ご祝儀が予想通りの金額になるとは限りません。
相場は友人の結婚式で3万円程度ですが、最近は2万円でもマナー違反にならないと言われることもあって2万円の人も増えていますし、また、友達数人で連名でご祝儀を持ってくる人だっているのです。

プランナーの計算に騙されないようにして、しっかり気持ちと財布のひもを引き締めておきましょう。

お金を借りてまで結婚式をしない!

結婚式にお金をかけるのは二人の自由ですが、ローンを組んでまで費用を捻出するのは避けましょう。

ローンには「ブライダルローン」というものがあります。
でも、これを利用してしまうと結婚式のあともず~っとローン返済がつきまとい、さらに子どもができれば家計はひっ迫し、さらにさらに、マイホームを買いたくてもローンが邪魔で審査に通らない!なんていう可能性だってありますよね。

ローンを組んでも計画的に返済できる場合はもちろん問題ありませんが、「いけるっしょ!」的な軽いノリで組んでは絶対にいけません。

ローンを組んだりクレジットカードで支払うような場合は、せめて「ご祝儀で精算できる」程度の借入にしておいてくださいね。

お互いの金銭感覚も大切です

離婚の原因として多いのは金銭感覚の違いです。
夫婦のどちらかがお金にルーズだと、生活費の使い込みや無断で借金など、笑えない結果になってしまいます。また、夫婦そろってお金にルーズだと、そうそうに家計が破たんしてしまいますね。

そんなことにならないように、結婚式の準備をするときにはお互いの金銭感覚についてもすり合わせが必要です。
見栄を張るためだけに大金を使おうとする人は結婚後も同じ理由で高い買い物をするでしょうし、そのままでいいのか、今のうちに治してほしいのか、ということも考える必要がありますね。

結婚式の準備は大変ですが、お互いの性格がより深く知れる、というメリットもあります。
二人で力を合わせて素敵な結婚式が挙げられれば、その後の結婚生活も素敵なものになるはずですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事