お部屋探し

収納は多い方がいいとは限らない!部屋の広さをしっかり見よう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

引越しの際、いろいろな物件を見ると思いますが、お部屋探しの条件として収納が多いことを挙げる人も多いです。

でも、実は収納が多い方がいいとは限らないんです。
それは、どんな場合でしょうか?

スポンサーリンク

収納の形が不便なこともある

収納は大容量の方がイイと思われがちですが、実際には収納を使いこなせていない人もいるものです。

収納と言っても、押し入れやクローゼットの形はさまざま。
押入れは上下2段に分かれていて、さらにその上に天袋があることも多いです。押入れは、奥行きが深いのが特徴ですね。
一方クローゼットは、上下に分かれていないものが多いと思いますが、上下に分かれているようなものもあります。そして、押し入れに比べると奥行きが浅いのが特徴です。

ただ、今持っている収納家具などが、新居の収納スペースにぴったりおさまるとは限らないんです。
押入れやクローゼットも規格が決まっていればありがたいのですが、残念ながら物件によって大きさはまちまちで、今使っている衣装ケースなどが入らないこともあります。

もし今ある収納グッズが入らなければ、衣装ケースなどは買い替えなければいけませんよね。
それでは出費もかさんでしまいます。衣装ケースは大型ごみに分類されるので処分費用までかかってしまいます。

部屋が広い方がいい場合

タンスなどの大型収納家具がある場合、収納スペースはそんなに必要でしょうか?
衣服をタンスに入れるのであれば、そこまで広い収納スペースはなくてもいいはず。

「収納が多い方がいい」というのは、
収納が広い方がたくさんのモノが入れられて、部屋を広く使うことができるから
ですよね。

そもそも収納スペースに入らないような家具がいくつもあるなら、収納スペースの大きさよりも、部屋自体の大きさを重視した方が得策ではないでしょうか。

収納の広さを重視するなら、今ある大きな家具は処分して収納スペースに荷物をおさめるようにした方がいいですよ。

収納が多いとモノが増える?

わたしたちは、日頃から「もったいない」と言って、使えるものはとっておく、というクセがあります。
それでも家の中がぐちゃぐちゃになってしまうと困るので、ある程度の量に保っているわけですね。

でも、モノを置く場所がたくさんあると、わたしたちはモノを今以上に貯めこんでしまうものです。

たいていの人は、「今より広い家に引越したい!」と思って引越したのに、結局モノを増やしてしまって以前の家と変わらないぐらいの生活スペースしか残っていない、ということもあります。

断捨離などが好きでモノの量を自在にコントロールできる人であればいいですが、そこまでできないという人は、実はむやみに収納の多い家に住むのは避けた方がいいと言えるでしょう。

収納が少なくても広い家なら自由度が高くなります

収納が多くない家であっても、部屋自体が広い物件なら自分で自由に部屋のレイアウトができます。

その場合は新たに収納家具を買わなくてはならない場合もありますが、作り付けの収納に比べると自分の持ち物や好みに合わせた収納家具を買えば良く、この方が合っている人もいますよ。

日本の住宅は基本的に狭いので収納に関する問題も深刻ですが、収納の大きさはあまり重要ではないこともあるので、自分が収納しておきたいものや持っている収納家具に合わせて物件を選んでみてくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事