お部屋探し

お部屋探しでチェックしておきたい洗濯機置場と干すところ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

物件を探す時にはいろいろとチェックしておきたいポイントがあります。

チェック漏れを起こさないためのコツは、
その家での生活を想像してみること
です。

「ここはベッドを置いて寝室にして、食器棚はここがいいかな」
などと想像してみると、不便さに気づけたりあった方がいい設備に気づけたりするものです。

その中でも、今回は「洗濯」に注目してどのようにチェックすれば良いのかを紹介しましょう。

スポンサーリンク

洗濯機置場をチェックしよう

洗濯機置場は洗面所にある場合が多いですが、狭い物件だと洗面所自体が無い物件もあります。そのような場合はキッチンなど室内置くところがあったり、もしくはベランダに置くところがあったりします。

洗濯機置場がベランダなどの屋外の場合は家賃が安い物件も多いのですが、けっこう不便なものです。冬は毎回ベランダに出て洗濯機を回すのは大変ですし、洗濯機自体も屋外に置くと雨風や日光にさらされて傷みも早くなってしまうんです。

洗濯機置場がどこになっているかは、内見のときに実際に見て確かめてみてくださいね。

さらに、洗濯関連の小物をどこに置くのかも考えると良いですよ。
洗剤や洗濯ハサミなどの小物類を置く場合、洗濯機の横にランドリーラックなどを置くことも多いですが、置く場所がない場合はつっぱり棚を使って洗濯機の上部に置き場所を作るなどの工夫が必要となります。

洗濯物はどこで干す?

洗濯物を干す場所が十分にあるかどうかを確認しておきましょう。

単身向けなどの小さな物件の場合、ベランダが無い物件もあります。
窓のところに物干し竿を設置できる場合もあれば、それすら難しい場合もあります。(必然的に部屋干しになります)

それから、ベランダがあったとしても広くはない場合もあります。ファミリーの場合は、家族の分の洗濯ものが干せるだけのスペースがあるかどうかを見ておきたいですね。

さらに、ベランダに屋根があるかどうかも確認しておきましょう。
ちなみに、ベランダというのはそもそも屋根があるもの。屋根のないものをバルコニーと呼ぶそうです。屋根があるかどうかの違いで呼び方が変わるんですね。また、バルコニーは2階以上にあるものを指すそうですよ。

さて、屋根がない場合は雨の日に洗濯物を干せないということになります。屋根があれば、小雨程度なら干せますもんね。
また、屋根があるかどうかで日照の程度も変わってきますので、確認しておくと良いでしょう。

洗濯の動線を考えよう

さらに、洗濯機と洗濯ものを干す場所との位置関係にも注目です。
洗濯機からの動線が複雑な場合は今よりも洗濯にかかる労力が増えることになります。

多少不便でも、その物件自体に魅力があればそこまで気にする必要はありません。ただ、2つ以上の物件で決められずに迷ってしまったときには、こういうて点も参考にしながら選ぶと良いのではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事