片付け

生活感の無いキッチンに憧れるなら☆スポンジや洗剤はどこに置く?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キッチンは、どうしても生活感が出てしまいやすいところです。

毎日料理をするところなのですから仕方がないものですが、それでもキレイなキッチンに憧れますよね!

よく、主婦ブロガーさんの家の写真や雑誌で見るようなキレイなキッチン。
毎日料理をしているはずなのに、どうしてあれほどキレイなキッチンが作れるのでしょうか?

スポンサーリンク

撮影用に片づけているだけ!?

雑誌などでキレイなキッチンの写真を見た時、

「どうせ撮影用に片づけただけでしょ!?」なんて思っていませんか?

たしかに、撮影の際にはより美しく見せるために、生活感が出てしまうものに関しては片付けることもあるようです。

そりゃそうですよね。
世の中そんなにキレイなキッチンばかりなわけが無いですもの。

と言っても、生活感の無いキッチンを実現している人もいるんです。

キッチンから生活感を消す方法

キッチンで生活感を醸し出しているのは、主にスポンジと洗剤です。

そこで、どうにかしてスポンジと洗剤を隠すことにしましょう。

洗剤は使い終わったら片づけよう

洗剤は、食器を洗うときにしか使わないのですから四六時中出しておく必要はありません。

だから、洗剤は使っていないときは片づけておきましょう。
おすすめは、シンク下の収納です。
わたしはシンク下収納の右端に、洗剤を片づけています。
洗剤の他に、重曹スプレーやお酢スプレー、使い古しの歯ブラシなど掃除に使うものをまとめて片づけています。

スポンジは片づけられる?

問題は、スポンジです。
スポンジも使っていないときは片づけられたら良いのですが、残念ながら濡れています。

濡れているものを中に片づけてしまうと雑菌が繁殖してしまって不衛生ですよね。

■シンクの内側に置く
スポンジは専用のスポンジ置きに置いている人が多いと思いますが、スポンジ置きをシンク内に設置するだけで、ダイニングからはスポンジが見えなくなります。

特に、シンクの内側でも手前に設置すると、かなりシンクに近付かないと一切見えません。

■外に干す
スポンジを使い終わったら、外に出してしまいましょう。
これで、キッチンからスポンジを消すことができます。

ただこの方法だと食器を洗うときにわざわざスポンジを取りに行かなくてはなりません。

そこで、この方法を実践する場合はスポンジを数個ローテーションで使うようにしましょう。
使い終わったスポンジはベランダなど外に干しに行き、洗濯物を取り込むときなどについでに片づけるようにすれば、手間も少なくて済みますね。

しかも天日干しにすれば雑菌の消毒もできるので、一石二鳥ですよ。

ゴム手袋はどうする?

スポンジと洗剤のほかに、ゴム手袋を使っている人も多いと思います。

ゴム手袋も濡れるものですから、どのように扱えば良いのか分かりませんよね。
ゴム手袋も、スポンジと同様に「使ったら外に干す」というのもおすすめです。

もしくは、ゴム手袋の場合はタオルでふき取ってからシンク下収納や引き出し収納に片づけるのもアリですよ。
ゴム手袋を外す前に、タオルでキレイにふき取ってから外せば乾いた状態で片づけることができます。

キッチンの生活感をなくすだけで気持ちいい

キッチンを常に片付いた状態にして生活感をなくしてしまえば、それだけでかなり気持ち良くなります。
その状態を見るのが楽しくなるので、キッチンの片づけにも力が入りやすくなりますよ。

キッチンは毎日使うところですから、なるべくキレイで快適な空間になるように工夫してみてくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事