掃除

我が家のキッチンから水切りカゴと三角コーナーが消えたらどうなるか想像しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キッチンの掃除・片づけ。
家の中でも特に気を遣うところですよね。

掃除が行き届いていないと不衛生ですし、家族が食中毒にでもなってしまったら大変です。
そして、掃除を行き届かせようとすれば、片づけが大切になってきます。
散らかっていると掃除がやりにくいですから、必ず「片づける→掃除する」という流れを作っておかなくてはなりません。

そこで、より簡単に掃除・片づけをするために、今回はある提案をしてみたいと思います。

スポンサーリンク

三角コーナーを撤去しよう

生ごみなどを入れるための三角コーナー。

あれに違和感を感じずにはいられないわたし。
昔は当然のように使っていた三角コーナーですが、よく考えたら「いらなくない?」ってなりませんか?

というのも、別に生ごみは三角コーナーに入れずに、直接ゴミ袋に入れたらいいと思うから。
わたしの場合は、生ごみはどんどん小さいポリ袋に入れていきます。そして、その日の料理が終わったら口を閉じてポイです。

三角コーナーがなければ三角コーナー用のネットを買う必要もなく、三角コーナーを洗う手間もありませんから、絶対この方が楽だと思います。
それに、生ごみのカサも減らせます。

三角コーナーはシンクに置くものですから、当然水がかかります。
つまり、生ごみが水を含んでしまって重たくなるのです。

自治体のホームページでは「生ごみは水を切ってから捨てましょう」と書いてあった気がするのですが、そもそも三角コーナーがなければ生ごみが濡れることはありませんね。

水切りカゴを撤去しよう

三角コーナーを使わない人は、けっこういると思います。
人の家に行くとまだまだ三角コーナーを使っている人は多いんですが、雑誌やブログなどではちょこちょこ見かけるので、一定数はいそうな感じ。

ただ、水切りカゴは使っている人の方が多いと思います。
水切りカゴは、洗った食器を乾かしておくためのもの。
もしくは、ふきんでふき取るまでの仮置き場。

食洗機が無い家庭の場合は、洗った食器は水切りカゴに放置して乾かすか、ふきんで拭いて食器棚に片づけてしまうかのどちらかですよね。
キレイなキッチンを目指すなら、洗った食器は拭いて片づけてしまった方がいいです。

水切りカゴにいつまでも食器が置いてあると見た目的にもスッキリしませんからね。

で。

洗った食器をすぐに拭いて片づけるのであれば、水切りカゴは必要ないのでは?というのがわたしの意見です。
調理台のところに手ぬぐいでも敷いて、洗った食器はそこへ置いていけばいいんです。
そして、洗い終わったらふきんで拭いて片づける。

最後は調理台に敷いていた手ぬぐいでシンクなどを拭いて、食器洗い終了。

これって、すごくスマートじゃありませんか?
水切りカゴがなくなればそれだけキッチンが広く使えますし、見た目的にもスッキリします。

ゆるりまいさんの「わたしのウチには、なんにもない。」を読んでいたら、「水切りカゴは使い終わったらキッチリ拭いて引き出しの中にしまう」と書かれていてびくりしました。あれだけモノがないのに、水切りカゴは使うのか!という衝撃です。
そのうち処分されるんじゃないかな~とわたしは予想しています。

水切りカゴが撤去できない人はせめて縮小を

と言っても、「毎回食器を拭くわけじゃないから、やっぱり水切りカゴは必要!」という人もいるかと思います。
忙しい人の場合は、いちいち食器をすべて拭くのは大変なときもありますよね。
でも、手ぬぐいの上に置いておくだけでは勝手に乾いてくれませんので、やはり水切りカゴは必要だという結論に至ります。

そういう人は、せめて今よりも小さい水切りカゴを使ってみてはいかがでしょうか?
わたしが使っていたのは、シンクにひっかけて使えるタイプの小さなもので、なんていうか……一人暮らしにぴったり!みたいなサイズのものです。

もともとこれを買ったのは、「大きな水切りカゴを買ってしまうと絶対に食器をそこに貯めこんでしまうから」という懸念があったからでした。
ずぼら症のわたしは、ゆとりがあると分かっているとつい楽をしてしまうので、あえて小さな水切りカゴを使うことによって「強制的に片づける」という環境をつくったわけですね。

ちなみにわたしはずっとフルタイムで働いてきたので、決して時間にゆとりがあるわけではありませんが、なんとか続けてこられました。
だから、きっとみなさんにもできるはず。
ぜひ、三角コーナーと水切りカゴの今後について考えてみてくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事