片付け

洗濯小物をスッキリ収納したい!洗濯バサミや洗濯ネットの収納術

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

洗濯バサミや洗濯ネット、それからハンガーなどの洗濯小物って収納が難しいと思っていませんか?

洗濯バサミはこまごまとしていて散らかりやすいし、ハンガーは適当に収納すると絡まって使いにくいし、洗濯ネットは濡れたまま収納するわけにもいかず……

結果的には、洗濯バサミはベランダの竿にかけて使えるタイプのカゴに無造作に入れ、ハンガーは大きめのカゴに無造作にいれ、洗濯ネットは洗濯機の近くのてきとうなところにひっかけている、という状態になっている人は少なくありません。

でもそれだといまいち使いにくい上に見た目も悪いので、ここでは洗濯小物の収納について紹介したいと思います!

スポンサーリンク

洗濯バサミの収納

洗濯バサミは、まさか一つひとつ並べて箱に入れる、なんていう面倒くさいことはできませんよね。それができればかなり美しい感じに収納できるんですけど。

洗濯バサミをどこに収納するのかは、どこで洗濯物を干すのか?ということが大きく関係します。

洗濯物をベランダで干す人はベランダに洗濯バサミを置いておくのが良いと思いますが、個人的にはおすすめしません。
雨風に打たれ、直射日光にさらされていると劣化が早くなってしまうから。

わたしは、洗濯物は室内で干してから外に出す、という手法です。
我が家の場合はクローゼットがある部屋がベランダにつながっているので、洗濯バサミもクローゼットに収納しています。
洗面所で洗濯物を干すという人は、洗面所下の収納に洗濯バサミを収納するのがおすすめですよ。

紙製の箱か布製のバッグに入れてみよう

洗面所下に洗濯バサミを収納する場合は、お菓子が入っていたような紙製の箱に洗濯バサミを入れるのがおすすめです。
よくあるタイプの洗濯バサミを入れるカゴは、カゴの網目のところに洗濯バサミが引っかかるから使いにくいです。
紙製の箱なら引っかかりが少なく中も見やすいので取り出しやすいですね。

また、クローゼットに収納する場合は小さなバッグに入れるのもおすすめです。
わたしは、数年前にローソンの何かでもらったミッフィーちゃんのランチバッグを使っています。(ランチバッグ使わないけど、可愛いから捨てたくなかった)
バッグの手提げ部分をハンガーに引っかけておけば、さっと取り出しやすくなって満足です。
女性ファッション誌の付録で付いてくるような小さいトートバッグでお気に入りのものがあれば使ってみてはいかがでしょうか?

下敷きを使てみよう

もうひと手間かけられる人は、下敷きなどの固い板に、洗濯バサミを挟んで収納するという方法もあります。
これなら洗面所下でもクローゼットでも、さっと立てかけて収納できますよね。

ただ、いちいち挟んで戻すのは面倒なので、わたしは挫折しましたが。
まめな人はやってみてくださいね。

洗濯ネットの収納

洗濯ネットは、洗濯が終わったら洗濯物と一緒に外に干すことをおすすめします。
洗面所に戻してしまうとどこかに干しておかなくてはなりませんし、それなら天日干しの方が殺菌もできて良いです。

洗濯物を取り込むときに一緒に取り込んで、一緒に畳んでしまえば手間はかかりません。

洗濯ネットもきちんとたたんでしまえば洗面所下やランドリーラックにキレイに収納することができますね。
収納するときには、紅茶のティーバッグが入っていたような小さな箱に入れるとぐちゃぐちゃにならずに済みますよ。

ハンガーの収納

ハンガーは、いびつな形をしていますから無造作にカゴに放り込んでしまうとカオスになります。
絡まるので取り出しにくいんですよね。

やはりハンガーは、かけて収納する方がいいです。
わたしの場合はクローゼットにすべてのハンガーをかけています。

洗面所で洗濯物を干す人の場合は、洗面所下につっぱり棒でも設置して、ハンガーをかけられるところをつくるのもお勧めです。ランドリーラックにかけられるところがあれば、そこでも大丈夫ですよ。

洗濯小物の収納に困っている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事