お部屋探し

契約する物件が決まったらとりあえず確認しておくべき4か所

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

引越し先の物件が決まったら、とりあえず確認しておくと良いところがあります。

できれば、内見のときに確認しておく方が良いので、内見に行く際には必要なモノを持っていくと良いでしょう。

スポンサーリンク

カーテンのサイズ

カーテンのサイズには、いろいろあります。
規格は一つではありませんから、新居のカーテンのサイズは真っ先に確認しておくようにしましょう。

カーテンは、引越したら真っ先に欲しいものです。
サイズが分からないと今と同じカーテンが使えるかどうか分かりませんし、もし今の家で使用しているモノとサイズが違う場合は新たに購入しなければなりません。

サイズが分からないとカーテンを変えませんし、引越してからカーテンが無いことに気づいてしまうと、その辺で売っているてきとうなもので間に合わせることになってしまいますから気を付けましょう。

ベランダにつながる大きな窓は、だいたい長さ178cmもしくは200cmのカーテンが合うようになっています。
数センチ単位であればカーテンフックでサイズ調整ができるものもありますから、正確でなくても良いのでどのカーテンサイズに合う窓なのかはすべての窓で確認しておくようにしてくださいね。サイズが計れるように、メジャーを持っていくと良いでしょう。

便座の形

トイレの便座には、U型のモノとO型のモノがあり、それぞれの形で便座カバーも違います。
今の家と便座の形が違えばトイレカバーを購入する必要がありますから、先に確認しておくようにしてください。

ついでに、トイレ収納についても見ておきましょう。
トイレ内に収納スペースがある場合もありますが、無い場合はトイレットペーパーなどを置くためのスペースをどこにするかも考えておきます。
ラックやつっぱり棚を買い足す必要もありますから、しっかり確認しておきましょうね。

メモをしなくても、トイレの場合は写真に撮っておくだけで後から確認できますよ。

照明の有無

物件によって、はじめから照明がついているところもあれば、照明がついていないところもあります。
照明がついていない場合は、新たに照明器具を買い足す必要があるので、必要な照明の数を数えておきましょう。

また、照明器具が付いている場合でも、電灯自体がついていない場合もありますし、設置されていても切れているような場合もあります。
照明は引越し後すぐに必要になるものですから、内見の時点で確認しておくようにしてくださいね。

エアコンの有無

物件によって、エアコンが付いている物件もあれば、付いていない場合もあります。
エアコンが無い場合は新たに買わなくてはなりませんから、必要な数を確認しておきましょう。

物件情報に「エアコン有」と書かれていても、3部屋あるのにエアコンが1基しかない、というケースもあります。
また、設置されているエアコンが古すぎて使い物にならないようなケースもあります。
その場合は家主の許可を得て自分のエアコンを取り付けることもできますから、現地でしっかり確認しましょう。

内見のときに電気が通っていれば、動作確認をさせてもらうのもおすすめです。

さらに、エアコンの位置についても確認が必要です。
人によっては、全部屋にエアコンをつけないこともあると思います。
「リビングを開けておけば和室にはエアコンをつけなくてもいいかな」というようなこともありますよね。ただその場合は、エアコンを設置する場所を確認しなければなりません。
エアコンの向きによっては隣の部屋にまできかない可能性がありますから、エアコンを設置する場所を確認して、後から後悔することがないようにしましょう。

エアコンがあるかどうかで、引越しにかかる費用は大きく変わります。
エアコンは工事費も合わせるとけっこうな金額になりますから、契約前にしっかり確認しておきましょうね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事