引越し

有名なデザイナーが設計したデザイナーズマンション

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

426

お部屋探しをしていると、ときたま目にする「デザイナーズマンション」という言葉。
みなさんも聞かれたことがあるのではないでしょうか?

デザイナーズマンションと言うとなんとなくおしゃれなイメージがありますが、そもそもデザイナーズマンションとはどういう物件のことを指すのでしょうか?

スポンサーリンク

デザイナーズマンションとは、有名なデザイナーが設計したマンション、という意味です。それもただ有名なデザイナーが設計したというだけでなく、そのデザイナーの個性を活かしたデザイン性の高い物件であることが特長です。

分かりやすい例で言えば、コンクリートが打ちっぱなしになっている物件。普通の家には壁紙が貼ってあるものですから、コンクリートがむき出しになっている壁というのは特徴的です。

デザイナーズマンションでは、内装のデザインや間取りなどが普通とは違っていて、個性的なものが多いです。「おしゃれなイメージ」というのも間違ってはいませんね。

デザイナーズマンションの場合はデザイン性が高いのが特長なので、住んでみるととても快適に思える人が多いようです。
憧れの一人暮らしなんかであれば、ありきたりなワンルームマンションではなくデザイナーズマンションに住みたいと思うのかもしれません。

ただ、デザイナーズマンションにはデメリットもあります。

まず、間取りが一般的なものとは大幅に違うものも多いため、いざ住んでみると生活しにくい、ということがあります。いくらおしゃれな物件でも家具を置いた途端に狭く感じるとか、おしゃれな感じがなくなったとかの悩みもあります。

どこにベッドを置いたら良いのかもわからなくなってしまうようなこともあるので、注意が必要ですよ。あらかじめ家具の配置も考えた上で入居しないと、あとから「こんなはずじゃなかったのに」ということにもなりかねません。

また、家賃が高いのも問題です。

デザイナーズマンションの場合は普通の物件に比べるとデザイン料が上乗せされているので相場より高い家賃設定になっていることも多いです。ちょっと不便な郊外でも家賃が高い、というのは、だんだんと不満が溜まってくるものです。

はじめは「相場より1万円高いぐらい大丈夫」だと思っていても、1万円というのは大きな差になります。高い家賃を払うために欲しい家具をなかなか買えなかったり、転職などで収入が下がったときに支払いが苦しくなるようなこともあります。

生活に困ることがなくても、「家賃があと1万円安かったら年に1回海外旅行に行けるのに」などと考え出すと、せっかくのデザイナーズマンションも魅力がなくなってしまいます。

それから、不具合も普通の物件よりも頻繁に発生しやすい、ということも知っておきましょう。

デザイナーズマンションは、デザイン性を重視しているマンションです。その他の部分、たとえば耐久性などにはあまり力を入れていないこともあるので、汚れや傷がつきやすい素材が使われていたりして、掃除も大変になります。

はじめのうちは一生懸命掃除していたとしても、だんだん忙しい毎日の中掃除するのが負担になってくる、ということもあるので気をつけてくださいね。

デザイナーズマンションはデザイン性を重視しているために、原状回復のためのお金も高くなりやすい、ということもあります。

原状回復とは、退去時に汚してしまったり破損させてしまったところを元通りに直す、ということです。退去するときには借主と貸主が立会いのもと原状回復すべき点を確認して、後日請求書が届く、という流れになります。

デザイナーズマンションの場合はデザインにこだわって作られているので壁紙なども特殊なものを使っていることがあり、修理や張替には普通の物件よりも高額な費用がかかることがあるんです。

このことは、なにも退去時だけではありません。水漏れをしてしまった、タバコの火だねが落ちて床に穴が空いてしまった、というような場合には、修理が必要になります。こうした借主の不注意で物件を汚したり破損させたりした場合には、修理費は借主負担となります。

このとき通常よりも高い修理費を請求されることがあるので、入居したら不注意で物件を傷める、というようなことがないように細心の注意を払う方が良いでしょう。

そして、デザイナーズマンションの場合は、家賃の比較がしにくい、というのも難点です。デザイナーズマンションは普通の物件とは単純に比較できません。

普通の物件であれば似たような広さ、間取り、立地の物件を比較することで、その物件が割安なのか割高なのか、ということが分かりますよね。でもデザイナーズマンションは一つひとつが個性のある物件なので比較になる対象がなく、妥当な家賃がいくらぐらいなのか、ということが分かりにくいのです。

どれだけ高くてもいい!という人なら良いですが、限られた予算の中でより良い物件を探したい人にとっては、デザイナーズマンションが必ずしもベストの選択とは言えないのです。

デザイナーズマンションは、デザイン性が高く個性的な物件になるので、一度は住んでみたい、と思われるかもしれません。

でも、デザイナーズマンションにはデメリットもあるので、そのデメリットをよく考えた上で、契約するようにした方が良いのではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事