お部屋探し

保証人は誰に頼む?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

432

賃貸契約をするときに必要となる「連帯保証人」。

連帯保証人には、かなり思い責任があるということはご存じでしょうか?

もし、借主が家賃を滞納したり、失踪してしまった、という場合に責任をとらなければならないのが「連帯保証人」です。家賃の滞納があれば連帯保証人が支払、借主が失踪した場合には荷物を引き上げて物件を引き渡すのも連帯保証人がしなければなりません。

スポンサーリンク

普通、借主はそんな無責任な行動はしない、と思われているでしょうし、大半の人はそんな問題は起こしません。

でも、中にはなんらかの理由でそのようなことが起きてしまうことがあるのも事実です。普通に生活していればまずありえないとは思いますが、たくさんの借主を見てきた不動産会社や家主からすれば、そのようなリスクにも万全に備えておく必要がある、というわけです。

そこで、連帯保証人というのは誰にでも頼めるものではありません。

まずは、親族であることが前提です。それも極力近い親族で、通常は親に頼むことが多いですよね。

友人や彼氏など他人であっても連帯保証人になってもらうことは可能ですが、他人が連帯保証人になることを嫌がる家主さんもいますし、不動産会社でも基本的には親族に保証人になってもらうように勧められます。

なにより、他人に連帯保証人を頼むというのは気が引けますよね。連帯保証人の意味をよく分からずに気軽に頼んでしまう人もいますが、数百万円の借金の保証人を頼むのと同じようなものですから、他人に頼むのは控えた方が良いでしょう。

そして、「一定の収入があること」も重要です。

一定の収入がなければ、万が一のときに責任をとってもらうことができませんよね。ですから収入は大切です。そのため連帯保証人には、源泉徴収票などの収入証明書の提出が求められることが多いんですよ。

ですから、親であっても収入が少ない、もしくは定年退職していて年金収入のみ、という場合は連帯保証人にはなれません。年金の金額が高ければ可能です。

親が連帯保証人になれない場合は、兄弟、兄弟がいなければ叔父や叔母などに頼むことになります。

若い借主であれば親も現役で働いていることが多いので問題なく連帯保証人になれますが、親が定年退職しているような年齢の借主の場合は、逆に子どもに連帯保証人になってもらうこともできます。成人して働いている子どもであれば、親の連帯保証人になっているケースも多いです。

親が保証人になれず子どももいない場合は兄弟が連帯保証人になりますね。

では、親が連帯保証人になれず、兄弟もおらず、連帯保証人を頼める親族が他にいない、と言う場合はどうなるのでしょうか?

連帯保証人になれる人がいない場合には、保証人不要の物件を探す、という方法があります。

現代では、保証人を頼める人がいない、というケースは少なくありません。親戚がいるにしても普段付き合いがないという家庭も多いのではないでしょうか?

普段付き合いのないような親戚にいきなり連帯保証人になってほしいとは言いにくいですよね。

そこで、不動産会社では、保証人不要の物件も多数取り扱っています。

これは、保証会社が保証人の代行をしてくれるもので、一定の手数料を支払えば保証人は不要、ということになります。ただし保証会社を利用する場合には、家主の入居審査とは別に、保証会社での審査もあるので、収入などに問題があれば入居できない、ということもあります。

手数料は契約時に家賃の半分~1か月分としているところが多く、更新時にはまた更新保証手数料を支払います。このシステムがかなり増えてきているので、連帯保証人を誰にも頼めない人にとっては良い時代になりました。

ただ逆に、連帯保証人を頼める人にとっては不利な状況でもあります。

というのも、連帯保証人になってくれる人がいるのに、保証料を支払わなければならない物件も増えてきているからです。連帯保証人になっていても、責任を果たさない人も中にはいます。

その場合は催促するにも時間がかかりますし、裁判にまでしてしまうと家主からしても相当な負担になってしまいます。一方保証会社を使えば、家主からしたらたとえ家賃の滞納があったとしても保証会社が立て替えてくれるので、家主の負担はぐっと軽くなるんです。

そういう事情から、連帯保証人を立ててもらうことを辞めて、保証会社に依頼しているという家主さんが増えているよです。連帯保証人を立てられる人にとっては保証料はもったいないですが、納得いかなければ他の物件を探すしかない、ということになりますね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事