お部屋探し

賃貸契約の中途解約について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

433

引越しをするということは、今住んでいる家を出て行く、ということですよね。

「実家を出て一人暮らしをする」と言う場合には関係ありませんが、ファミリーなどの引越しでは、今住んでいる家の契約を解約する必要があります。

通常、賃貸契約は2年間の契約が多く、2年おきに更新がありますよね。では、この家を出る時には更新時に引越しをしなければならないのでしょうか?

スポンサーリンク

携帯電話の契約では、2年契約で2年ごとに更新がありますが、もし途中で別の会社に変えたい場合には「解約手数料」が必要になりますよね。しかも1万円ほど取られるので、キャリアを変えるときには更新時期に合わせることが多いと思います。

でも安心してください。賃貸契約の場合は、途中で解約したからと言って解約手数料を取られるようなことはありません。※契約の内容によっては途中解約が原則できないこともあります。

一般的な賃貸契約であれば途中解約しても何も問題ありません。でも、いつでも自由に解約できる、というわけではないので注意が必要です。

基本的には、解約したい日の2か月前までに手続きをする必要があります。

たとえば3月31日には解約したい、という場合は1月31日までに解約の手続きが必要です。契約内容によって変わりますが、書面での手続きが必要な場合もあるので、早めに解約方法について問い合わせておき、手続きを済ませるようにしましょう。

もし、転職などの事情で急に引越ししなくてはならなくなった場合でも、2か月前までに申し出る必要があります。そういう場合には、2か月分の家賃を支払ってすぐに解約することもできます。

一方、あまりないことですが、家主さんから解約することもできます。

たとえば改修工事をする、物件の建て替えをする、といった事情があれば、入居中に解約の通知が来ることもあります。

ただその際には、2か月前ではなく6か月前までに通知することが必要だと決められています。6か月あれば転居先も決まりますし、安心ですね。

解約の際には、最後に家主さん立会いのもと原状回復が必要なところがないかの確認をし、もし汚れがひどい、破損している、といったことがあればその分の精算をして、鍵を返却すれば契約は終了となります。

引越しのために中途解約をするときには、基本的にはいつでも解約できますが、契約内容によっては決まりがあることもあるので、契約書をよく確認してから手続きをしてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事